失う前が、大切なのかも

「なくしてわかるありがたさ、親と健康とセロテープ。」

以前にも一度ご紹介したことがあると思うのですが、このようなフレーズのコマーシャルを、子供の頃にみたような、そんな遠い記憶があります。確かに、セロテープなどの日用品は、普段はどちらかというとあまり重宝されることのない日陰の物品です。ところが、どういうわけか ”いざ使おう” と思うと、そんな時に限って「あ、今、ない・・。」、ということが、間々あるように思います。そして、そんな時に初めて、「やっぱりないと困るのねぇ。」などと思う、そんな経験をなさったことのある方は、案外多いのではないだろうかと思っています。

セロテープと ”同じくくり” にするのはどうかとは思いつつ、親と健康も、そんなものなのかもしれません。特に健康は、本当に病気になって自分自身が日常生活に難儀や不自由を感じるまでは、「あたりまえのなんと尊いことか」という思いにはなかなか至らないように感じています。さらにいえば、病気になって感じる健康というものの有難みももちろんなのですが、その病を克服し、もう一度健康な心身を取り戻すことのいた方々は、どれ程の有難みや感謝を感じても、感じ足らない、という思いに駆られるのではないのかな、などと思うことがあります。

「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」で健康を取り戻される多くの方は、様々な形で感謝を口になさいます。「身体のどこにも痛みがない。」「階段をのぼっても動悸がしない。」「自分の足できちんと歩ける。」「家族の声がちゃんと聞こえる。」「会話をしても、息苦しくならない。」・・・。

普通のことを、普通ではない体験を通してその貴重さを知る、それはとても尊い経験だなと、思います。だから尚のこと、今現在の自分の体がすこやかであることには、並々ならぬ感謝の気持ちも、持持ち合わせていたいとも、思っています。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする