良いと思うものは何でも取り入れて!

皆さんは、ご自身の病気、全て病院まかせにしていないでしょうか?

薬だけに頼っていないでしょうか?

生活習慣を改めたり、できる努力をなさっているでしょうか??

60代のある男性。1年以上前から皮膚症状が出て、他院で治療を受けてもなかなか改善しないために2月初旬に当院を訪れました。お話をしっかり伺った後、生活習慣のアドバイスをして、抗アレルギー薬、ステロイド剤、漢方薬を処方しました。2週間後受診された時は、かゆみは2割軽減していました。

その際に、「数日前に漢方科を受診して漢方を処方してもらって、漢方はそちらを飲んでいます。」と申し訳なさそうにおっしゃいましたので、「それはもちろん構いませんよ。よいと思うものは何でも取り入れてください。」とお伝えしました。

それから3週間後に受診をされた際には、さらに皮膚症状がよくなっていました。聞けばエドガーケイシー※)の本を購入し、そこに書いてある食事療法を取り入れ、その中で皮膚によいとされるヒマシ油を購入されたそうです。そして、ヒマシ油を1日2回塗布したところ痒みが治まってきたと話されました。実際に、背中にあった皮膚症状が消えていました。毎日飲んでいたお酒もほとんど飲まなくなったとおっしゃっていました。

注※)エドガー・ケイシーは、その生涯で、ホリスティックヘルスを中心に、14.000件にものぼるサイキックリーディングを行いました。彼が遺したリーディングは、病気を克服し、また予防するための食事、瞑想の練習法、心霊的な治療法、健康的な環境まで広範囲にわたっています。事実、それらの情報は、今日のホリスティック医学の礎の一部となっています。

あやしい治療や極端な食事療法はお勧めしませんが、自分で情報を集め、やってみようという姿勢が素晴らしいと思いました。患者さんは、「前の病院で西洋医学では治りませんと言われたので、『よしっ、それなら自分で治そう』と思いました。」と話されました。『治りません』と言われると、落ち込んで諦めてしまう方もいらっしゃる中、前向きに気持ちを切り替えられたこともご自身の自然治癒力を高めたのではないでしょうか。自分の試してみる方法で症状が良くなっていることも、自信ややモチベーションに繋がっているようでした。

特に慢性の疾患は、病院に全てお任せでは、なかなかに治っていかないこともあります。西洋医学は対症療法なので、根本原因に目を向けなければ限界があります。生活習慣を変えること、生き方・考え方を変えることなど、病気を治すのはご自身にしかできません。医師ができることなど、今回のように話を聞くことぐらいなのかもしれません。

治療法を選ぶときはご自身の責任が伴いますが、私は「治ればなんだっていいじゃないか」と思います。良いと思うものは何でも取り入れてみてください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする