蕎麦がない!!

連日の暑さに、うだるような思いをしておられる方も多いと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。勤務中はほぼ室内で過ごす関係で、意外にもそこまで暑さを感じることないのですが、休日ともなると、様子がちがってしまいます。(デスクワークの方などには、ご賛同いただけるのではないでしょうか。)毎週火曜日が休日のため、昨日は久しぶりに外出をしましたが、あまりの暑さに出かけてものの30分ほどで、音を上げてしまいそうになりました。『脳みそが頭蓋骨から飛び出てしまいそう』な感覚を覚えてしまったほどです。(・・・いやいや、そんなバカな・・・。)

夕方、どうにか予定を終えて帰路につきながら、”こんな暑い日にクッキングなんかやってらんねえ、今日はコンビニで冷たい蕎麦を買って帰ろう。” と心に決めて、家にたどり着く前の最後のコンビニに寄ったのですが、なんと、蕎麦は全部売り切れて、他の冷やし麺しかありません。「・・・。」しばらく売り場の前に立ち尽くして眺めていましたが、そんなことしてても蕎麦が現れるわけはありません。こういう時のがっかり感というか、モヤっと感は、なぜだか心臓に直接来ます。人は、何かとても強い思いを持って行動し、やっとの思いで目的の場所にたどり着いた時、そこに目指すものがなかったとしたら、とても ”モヤっと” した ”がっかり” 感を味わってしまうように思いますが、これは自分だけなのでしょうか。このときに味わう感情は、自分自身の中では3本の指に入るのではないだろうかというくらいの無情で虚無なものだったりします(また、そんな大げさな・・・)。

ですが、こんな時には救いの手が差し伸べられるものです。帰宅し、ゆっくりしながらテレビをつけると、ある番組で日本各地の美味しい蕎麦を取り上げていました。それを見ながら、「あ、そっかあ。コンビニのそばで我慢するんじゃなくて、美味しい蕎麦を食べに行けばいいんだな(※ ”作る” ではないんだな・・・)。」そう思ったら、それまでのモヤっとが、スッキリしました。同時に、このタイミングでそんな風に気持ちを切り替えることのできた自分を、自画自賛してみたりもしました。

中には、この状況で蕎麦の番組を目にしたら「当てつけなのか?」と立腹する方もいらっしゃるでしょうが、物事は受け手のとらえ方で、良くも悪くもなるものです。 ”コンビニに食べたかった蕎麦がなかったうえに、テレビで旨そうな蕎麦を見せられて、最悪。” と思うのか、 ”コンビニで蕎麦を買えず、その後テレビで旨そうな蕎麦を見たから、コンビニではなく上等の蕎麦を今度食べに行きたくなった。” と思うのかは、全く個人の自由ですが、後者を選ぶことのできる人々は、きっとその他の物事にもそのような思考が働き、日々を楽しく過ごすことができているのではないのかなと、思うのです。

「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」を行うかたわら、たくさんの方々に病気を『自分の意思で快方に向かわせる』ためのお話をさせていただく時に良く感じるのですが、思考や発想というのは、ざっくりと2つのパターンに分けられてていて、病気が治りやすい方となおりづらい方は、おおむね、このパターンに当てはまるように思われます。だいたいこの蕎麦のくだりでもわかるように、物事を否定的に捉えるのか発展的に捉えるのかが、自然治癒力にも大きく関わりがある、ということなのでしょう。どちらがどちらなのかは、説明するまでもないかなと、思います。

思考のパターンが変わることで『病気の予後』はここまで変化するのか、という事例を、数多く経験させていただいています。生命の不思議さというか、奥深い神秘にはどれ程経験値を重ねても未だ慣れることがありませんが、これらが一人でも多くの方の健康づくりのお役に立てればいいなと考えています。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする