シン・健康食材「アカモク」

このところ、スーパーなどで「アカモク」という海藻を頻繁に見かけます。「アカモク入り納豆」「きざみアカモク」「乾燥アカモク」など、品ぞろえもとても豊富にあります。いつ頃からこんなに多くのアカモクを見かけるようになったのかはっきりとは時期は覚えていませんが、県外から福岡に転居した後であることは間違いありません。それまでの地元では全く見たことがなかったので、福岡エリア独自の食材なのかと思い、福岡には、「おきゅうと」以外にも独自の海藻があるものとばかり思っていました。ところが、実はそうではなくて最近突然、全国的に注目され始めた食材だったのですね。(ああ、無知っておそろしい・・。)

アカモクは昆布やワカメ、ひじきなどと同じ仲間の海藻です、日本全国の沿岸が(主に浅瀬)生息地のようです。どうやら、海に行った時に波打ち際などにもっさりと打ち上げられている、あのやや茶色がかった、あれです。このように浜辺に大量に漂着したり、養殖網に絡みついたりする関係で、漁業関係者の間では邪魔者扱いされることもあり、特に気候の温暖な太平洋側では、「食べる」という文化はもともとなかったそうです。例外として日本海側の東北地方では過酷な環境の中で海藻類が生育しにくく、その中で収穫される「アカモク」は希少なため、昔から食用として珍重されていたとのことですので、「食べられる」ことは知られていたのでしょう。

それが、ここにきて近年の健康志向ブームによりアカモクの豊富な栄養成分に注目が集まり、さまざまな健康効果や美容効果があることから「スーパー海藻」としてもてはやされ始めた、というのが最近大量に出回り始めた真相なのですね。同じ海藻類のワカメや昆布よりもミネラルなどの栄養素やフコイダンの含有量が多く、しかも低カロリーであることから、健康効果・ダイエット効果・花粉症改善効果の高い海藻として今や大人気なのです。ま、漁業関係者の方々にしても、海の厄介者と思っていたものが、立派な ”売れる商品” になるのなら、願ったりかなったりでしょう。なにより、意外に美味しいですしね。

それにしても、よくまあ次から次へと、健康な食材が登場するものです。つくづく人々の健康や幸せに関するあくなき欲望には、終わりがないのだなと、思います。気をつけたいのは、「楽して健康になりたい、楽してきれいになりたい」が、暴走しないように、ということです ”楽して” の陰には必ず ”だれかに” や ”がんばりたくない” が隠れているものです。それは、依存であり、依存は度を超すと最終的には己を苦しめてしまいます(美容整形依存症の方などが、それに当てはまるのではないでしょうか)。

特に病気を抱えておられる場合は、病気になってしまった ”自分自身の中の根本的な原因” を探し出して自分の力で解決しなければ、本当の健康を手にすることはできないものです。そのためには、「楽して」は一度棚上げしておいて、「健康になってみせる」という確固とした意志を示し、本気で向き合うことが必要なこともあるのです。そのためのツールとして「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」をご検討される方は、いつでもご連絡なさってください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする