ケアする心

5月12日は ”近代看護の母” フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで、「看護の日」とされています。総合病院などによっては、この日の前後に看護師企画でのイベントを行ったり、総合ロビーや待合室などを美しく飾り付けるところもあるようです。そのような話を聞くと、看護師のためのイベントのようにお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は「看護の日」は看護師のための日というわけではないのです。『職業としての看護』ではなく、家庭や地域社会における老若男女すべてに分かち合うべき、 ”看護の心、ケアの心” を大切にし、その心を育むことを目的としているのです。

折に触れ、取り上げるていることなのですが、「健康である」ということと「病気ではない」ということは、似て非なるものであると思っています。そして、「病気ではないけれども調子が悪い」という方々にとって、ケアを行ってくれる存在とは、他ならぬ家庭であり家族であり、そして近隣の友人や仲間であるのです。そのような方々との良好な関係を築きつつ、すこやかな日々を送っていただきたい、という思いが含まれているように感じています。

人というものは、「病院のお世話になるから健康になれるわけ」ではないといえます。病院というのは、あくまでも補助的なツールであり、健康を手に入れるのは個々人の「生活スタイル」や「健康への思い、姿勢」そのものなのです。その意味で言えば、クリニックでおこなう「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」も、そのツールのひとつであり、「ケアの心」で大切な人と向き合うためには、とても便利な力であると、捉えていただければいいのではないかと考えています。そして、このような侵襲(しんしゅう:体内の正常な環境を乱す可能性がある刺激のこと)のないとても便利なツールを、利用しない手はないではないか、とも思います。もっと詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする