絵画が増えました

「美術館のようなクリニック」お越しになる方々に、このようにおっしゃっていただいています太陽の丘クリニックですが、今回、新たに2枚、絵画が飾られました。一枚は、オレンジを基調にした華やかなイメージ、もう一枚は花をモチーフにされたシックな非常に品のある作品です。どちらも、白い壁にしっくりと馴染み、さらに「美術館さながら」の雰囲気が増しています。すでに、話を小耳にはさんだ方々が、かわるがわる絵画を見に来られ、その美しさに感じ入っていらっしゃいます。うっとりと眺めながら、「綺麗ですねぇ…。」などと言われているお姿を拝見すると、何だかジーンとしてしまいます。

このような光景を目にすると、たとえ「医療を提供する」場所ではあっても、受診される方々が少しでも居心地よく、さらには病気の影を忘れる空間を提供することには、価値があるなと改めて思います。普段は忘れがちな事かもしれませんが、医療従事者だからこそ大切にしたい精神です。

大方の「医療施設(病院)」は、(当然のことながら)病気を治すために存在するものですから、「効率よく」診察をして、「手際よく」患者さんを各部門にご案内して、検査や治療をおこなうことが ”善し” とされていると感じることがあります。確かに、待ち時間や診断までの時間を短縮したり、来院回数をなるべく減らすためには、「効率の良い診療」というものは、やむを得ないことに違いありません。ですが、その「効率化」という部分だけが、一人歩きしてしまっているように感じるのは、気のせいなんだろうかと、ふと思います。多くの受診患者さんが口にする、「病院に行くと、なんともいえず疲れる。」理由の一端なのではないかと感じるのは、思い過ごしなのでしょうか。

無駄な時間をかけないことは、(結構)大事だと知りつつ、その中にあっても「ホッ。」とする ”なにか” があると、疲労感もあまり感じることなく過ごせるのではないのかな、と、思っています。クリニックには、さらに「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」という強力なツールもありますので、最大限に活用したいものです。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする