耐えればいずれ、春はくる

一日ごとに、春が近づいてきていることを感じられるようになってきました。クリニックの敷地内でも、いろいろな木々にちらりほらりと花がほころび始めています。中でも、クリニックの真横には桜の大木が何本かあり、早咲きの桜は現在7分咲き、ソメイヨシノもまもなく咲きそうな気配をかもし出しています。

桜の花は日本の春の代名詞として親しまれているのですが、桜の咲く頃はなかなか晴天が続くことが少なく、『花曇り』という言葉も存在します。ちょうど桜が花をつけ始める時期は、移動性高気圧の晴天と低気圧の悪天候との間隔が短いために雲が多く、また日本南岸に前線の停滞することで雲が広がりやすいのだそうです。晴天に咲く桜も美しいですが、少し霞がかった曇り空に咲いているのも、何とはなしに儚げで、それなのにミステリアスな妖しい雰囲気で、美しいものですね。

こんな風に、春の花々が咲き始め、暖かさを感じられるようになると、寒い冬の時期に耐え忍んできた様々なことが報われる思いがするように感じます。季節だけに限らず、人生のある時期に、経済的な問題や病気などの身体的な問題などで、”とても困難な出来事” に向き合わなければならなかったとき、その問いは苦しくて辛くて、逃げ出してしまいそうにもなるでしょう。けれど、それらを真正面から受け止め、向き合い、活路を見いだすための様々な努力を行った結果、その先に明るい道が開けたとしたら、さながら暗くて冷たい「冬」から、明るく温かい「春」が訪れたように感じられるのではないでしょうか。そして、長く困難だったころに自分を振り返った時、当時の自分自身に比べたらひと回りもふた回りも ”進化・生長” を為すことができた「今の自分」に気がつけるように思います。

きっと、病気にしても苦労にしても、辛ければ辛い程、苦しければ苦しい程、それらを乗り越えた時の達成感や喜びは何物にも替えがたいだろうと思っています。太陽の丘クリニックでは、そのような状況にある方で「何とかして病気を克服したい、今の状況から抜け出したい」とご希望の方々に、「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」を通じてのお手伝いをさせていただいています。もう少し詳しく、具体的に知りたいとご希望の方は、お気軽にご連絡ください。エネルギー療法に関するお問い合わせや診察は、診療科目を問いません。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする