とりあえず、笑う

ある方のインタビュー記事を拝読した時、このような文章に目がとまりました。

「自分の考えを公にすると、当然ながら反対意見も出てくる。そんな時、敵意を強く感じる相手であればあるほど、『笑う』ことにしている。とりあえず笑うと、戦いにならない。笑顔は最大の攻撃かもしれない。」

ご存知のとおり、「笑う」ことにはさまざまな効果があるといわれています。特に医学的には、免疫力や脳機能を高めたり、有名な”しあわせホルモン”のセロトニンが分泌されるなど、自然治癒力を高めることで有名ですが、このような使い方もあるとは、少し驚かされました。

世の中にはいろいろな考えの人がいて、それで社会が成立するのは当たり前だと思いますが、確かに、中には理不尽で悪意に満ちた攻撃を仕掛けられてくることもあるのでしょう。基本的には、たとえ相容れない意見であっても、それが”相手の考え方”として尊重したうえで論ずることが理想なのでしょうが、世の中にはそうもいかない部分も多々あるように感じています。そのような状況に陥ると、普通は”感情論の泥沼”に突入してしまいそうな気がしますが、そんなとき、この『笑う』というのは、確かに最強のツールかもしれないな、と思いました。

このように表現すると、何だかこむつかしいように受け取られる方もいらっしゃるかもしれませんが、とても分かりやすい例で表現すると、「女子中学生が休み時間にトイレの前でちょっとした口論になり、お互いに引き際が分からずに口論が続き、最後には涙目になりながらどなり合っている。」ようなものかな、と。どちらか片方が、「・・・そうだよねぇ、そんな考え方もありだよね~、えへへ。」と言っておけば済むようなことが、意地の張り合いで納まりがつかない(ちょっと極端すぎましたか?)。

「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」を通じてさまざまな方に関わっていると、人には「感情と理性」のコントロールが得意な方と、そうではない方とがいらっしゃるように感じられます。ヒーリングの施療中も、思い通りにならない出来事などに話が及ぶと、ついつい感情的になられるような方がいらっしゃいます。このような時も、とりあえず『笑う』ことで、気持ちが落ち着かれる方が、多いように感じています。そして、このような施療の回数を重ねると、多くの方が、段々と穏やかになっていかれるのです。

確かに、笑顔はよい意味での『最大の攻撃』と言えるかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする