子供の名前いろいろ

時々、「4カ月の赤ちゃんなのですが診察してもらえますか?」など、小さなお子さんを持つお母さんからのお問い合わせをいただきます。基本的に、皮膚症状がご心配な場合は生後間もない赤ちゃんでも診察をおこないますので、ご安心ください。

ところでその赤ちゃんですが、最近は「キラキラネーム」などとも言われるように、ずいぶんと趣向を凝らされたお名前が多いなと、思っています。ただ、あまりにも凝りすぎた漢字をつけられると、しまわれていると、たまに事務作業を行うPCソフトの中に「字」そのものが入っていないことがあり、そんな時は、お渡しする領収証や処方箋が『田中 ・ 加』とか、『山田 ・ ・ 』という、てんてんになってしまいます。(ちょっ残念な感じがしますね。)ですが、それもこれもおそらく、ご両親にとっては我が子が特別愛おしい存在なので、”他の誰にも負けない素敵な名前をつけてあげたい” という思いのあらわれであって、やはり『名前』というものは、生まれて初めて親から子供に送る愛のプレゼントなのだろうな、と、しみじみ思います。

よく「名前はその時代を反映する」という話を聞きます。戦時中は戦争に勝利するようにと、「勝」「将」などの字が良く使用されていたとか。また、貧しくて生活が困窮するような時代には、子だくさんの家庭が ”この子で最後の子供にしたい” という思いから「澄(すみ:済み)」「末(すえ)」「捨(すて)」などという字を使った名前が多かったのだとか。そう考えると、今は本当に豊かで平和な世の中だなと思いますし、この先もずっとそうであってほしいと、願わずにはいられません。

小さなお子様の症状に『なるべく薬などを使いたくない』とお考えの方は、クリニックでおこなう「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」をお試しになってみられてはいかがでしょうか。子供さんは、成人の方にくらべて、ヒーリングの効果が早く表れる印象を受けています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする