説明って、時々「怖い。」

セカンドオピニオン(説明と同意)とは、医療者が、病気の詳細と今後の治療方針を、患者さんに対して十分に説明し、患者さんが理解、同意をしたのち初めて、専門的な治療を開始する、という診療スタイルのことを指します。いわゆる、「同意書」にサインをすることで成立する、契約のようなものです。

最近は、ほとんどの医療機関でこのような流れで、医師により患者さんに治療その他の説明がなされ、同意書にサインをしていただいているようです。このような方法は、一昔前の「患者は黙って、医者の言われたとおりにしておけばいい、余計なことを言うな。」という、昭和のの医療ドラマに出てきそうなやり取りなどど比較すれば、格段に患者さんに対しての配慮がなされていると、いえるでしょう。けれど、それと同時に詳しく説明をされるということは、患者さんによっては「聞かなければよかったかもしれない」話、だったリも、するのです。

特にご高齢の方や、どちらかと言えば気弱な方などは、治療に関する話を聞くだけで恐怖が先にたち、治療を受けることを躊躇されてしまったりします。「痛い検査」「怖い治療」「副作用がある」など、治療を受けるかどうするかさえ決めあぐねている時に、こんな話を聞いてしまうと、確かに恐れをなしても仕方がないのではないだろうかと、感じます。実際、クリニックに「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」での治療を検討されてお越しになる方の中には、

「病院で治療の説明意を聞いたら、怖くて仕方がなくなった。どうしようかと思っている時に、知人にこの治療法を紹介された。」という方も数多くいらっしゃいます。

どのような方法を選択するにしても、重い病と向き合うということは並大抵のことではないと思います。ですが、その選択肢は「病院から示されたもの」意外であっても良いのではないでしょうか。同じように闘病をするのであるならば、その過程にあって、少しでも『自分らしく』『清々しく』『明るく』いられる方法を選べたらいいな、と、思います。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする