女の子が駄々こねて・・・

とあるショッピングモールの中を歩いていたら、2歳くらいの女の子が、べそをかいてお母さんのの前に立っている光景を見かけました。どうやら3姉妹のようで、お姉ちゃんたちが歩いているのに、”自分だけがベビーカーに乗るのか嫌なので歩きたい&今自分が持っているお菓子をここで食べたい” という二つの要求が、お母さんに受け入れてもらえないことが不満のようでした。お母さんは、「ここ(ベビーカー)に乗ったら、食べてもいいよって言ってるでしょ?立ったままはダメなんだよ。」と、至極まっとうな説得をされていたのですが、女の子には通じません。半泣きで、お母さんをにらみつけています。

ふと見ると、その光景を同じくらいの年頃の女の子がじっと見つめていて、「・・・おとなしく言うことを聞けばお菓子がもらえるにに・・・。」とでも言いたげな顔で、仁王立ちしていました。2歳児には2歳児なりの、心模様があるのでしょう。こんな時、当の本人は必死なのでしょうが、見ているこちらは思わず笑いがこみ上げてきます。小さな子供さんが駄々をこねているのを通りすがりに目にするのは、何だか微笑ましいなと思います。(これが、自分の子どもだったらたまりませんけれど(笑)。己の忍耐力を試される時間となるでしょう。)

それにしても、このような幸せそうな光景と無邪気な子供たちを目にするたびに、大げさではなくこの子たちに、安全な未来を渡してあげなければならないと、思ってしまいます。世界に目を向けると、決して安定している国ばかりではありませんし、そのような国々にも、平和な毎日が訪れればいいなと思います。食料ひとつとっても、何不自由なく口にすることのできる我々は、幸せ者です。ところで、「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」による効能は、病気を癒すだけではありません。安全な野菜を作るためにも、大いに利用することができます。このような方法での農業が普及すれば、ずいぶんと食に関する概念も変わるのではないだろうかと、ついつい思てしまいます。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする