やればよかった? やらなきゃよかった?

「やらなきゃよかった」と、「やればよかった」。どちらの後悔を選びますか?

社会人になって日も浅い頃、とある研修で講師の先生からこのような投げかけをされたことがありました。当時、自他ともに認める超保守派だった私は、どちらにしても後悔するなら痛手は少しでも少ない方がいい、との思いから、「やればよかった」と答えました。講師は、良いとも悪いともおっしゃらず、ただ含みを持たせてニヤリと(そう見えた)笑われました。

あれから随分と年月が流れ、その時の講師の含みを持たせた笑顔の意味が、少しわかるようになった気がします。

行動し、失敗してする後悔が「やらなきゃよかった」

何も行動しないからする後悔が「やればよかった」

よくよく考えると、似ているように見えて、実は全く違うことに気が付きます。

失敗すれば誰でも後悔しますが、やってみなければ失敗するかどうかはわかりません。それに、もしかしたら大成功して大きな報酬を得るかもしれない。比べて、失敗を恐れて何もしなければ、安全・安心です。ですが、それだけです。その結果として、行動した結果大成功した人を横目で見ながら「一緒にやればよかった・・・。」と、少しばかり羨ましさを感じ、勇気のなかった自分の行動に後悔する、などということも、あるかもしれません。

新しいことにチャレンジするというのは、それなりにリスクを伴います。まず、その新しい領域に飛び込む、ということに、勇気を振り絞らなければなりません。そして、飛び込んではみたものの、全く新しい世界に右も左もわからず、立ち往生してしまうことや、思いがけない傷を負うこともあるでしょう。場合によっては、立ち上がることもできないほどに、打ちひしがれてしまうかもしれません。けれど、そこから這い上がれば、間違いなく「強さ」を手に入れることができるのではないかと思うのです。また、「同じ失敗をしないように気を付ける」という学びも得るでしょう。人は、成功体験だけでは、ちゃんと成長することは出来ないような気がするのです。失敗という経験をすることで、人としての経験値を積み上げることができるのであれば、まず失敗して後悔してもいいから「やってみる」ことではないでしょうか。その、思い切った「行動」そのものが尊くあるならば、後悔だって、やがて価値のあるものに変わるのではないだろうかと、最近特に思います。

エネルギー療法(ハンドヒーリング)をはじめて知った時、「やる」か「やらないか」という選択を迫られて、少し迷ったことを思い出します。当時、自分としてはめずらしく「やる」という決断をし、現在に至ります。やってみたら、大成功だった、ということは案外多いのかもしれません。

 

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする