人生に生きがいや喜びを持とう!!

IMG_0630_20150415-124549

病のメッセージを受け止め、人生を変えましょう!

私は、普段の診察の中でできるだけ患者さんと会話をさせていただくようにしています。  感染症やけがなど急性期のものは、投薬や処置で対処できるのですが、慢性の症状や病気は、ご自身が創り出したものであり、生活習慣やご自身の考え方や生き方が深く関わっているます。一方、西洋医学では表面の症状のみに目を向け、薬で症状を抑えたり、手術で悪いところを取り除いたりと対症療法がおこなわれるため、どうしても限界があるように思います。病気を根本からよくするには、その原因に目を向け、変えていくことが大切であり、その答えが患者さんとの会話の中に詰まっているからです。

実際に、感動的な改善をとげる患者さんは、シンプルにアドバイスを受け止めて下さり、考え方や行動パターンを変えていらっしゃっいます。そのような方々は、病気だけでなく、ご主人やご家族との関係を変え、人生をも良い方向へ向かわせていらっしゃいます。要は、病気を創り出しているご自身が変われば病気だけでなく、人生が変わるのです。医師として打ち震えるほどの感動を覚えるのは、微力ながらでもそのお手伝いができた時です。

健康に生きるために生きがいや喜びを持ちましょう!

ところで、若いころはすぐに治っていたものが、年齢を重ねるにつれて治りにくくなったり、一つの病気になったことをきっかけに新たな病気が次から次へと出てきたりするのは、ご自身の自然治癒力が低下してしまうためです。ご自身の中に眠る無限の自然治癒力を高めるためには、食生活や睡眠時間などの生活習慣を見直すことも大切です。そして、もう一つとても大切なことは、感動あふれる生活をすることや、生きがいや喜びを持つことです。何かに夢中になって病気を忘れる時間やワクワクとした歓喜躍動が病気治しの特効薬です。

診察をしていると、多くの方が一度きりの人生を漠然と生きてしまっているように感じます。「最近、感動したりワクワクしたりしていますか?」とお尋ねすると、「ないですね」と答える患者さんも少なくありません。物があふれ、利便さが追及され、物質的には満たされた生活の中で、心からの充足感や生きがいを感じていらっしゃる方が少ないように思います。患者さんご自身もそのことを自覚していらっしゃり、「何か始めないといけないと思っているんだけどね…。」 「○○もやってみたいと思っているんだけどね…」 「目の前のことに追われているのはわかっているんですけどね…」といった声も聞きます。

そのような場合は、「映画や読書、運動、ボランティア、小さなことでもなんでもいいから、楽しい時間やワクワクする時間を少しでも持つようにしてください。もしやりたいことがあるなら、ぜひやってみてください。」とお伝えしています。

人生は、一度きり

皆さんは、今この瞬間を生きていらっしゃるでしょうか?

頭の中でぐるぐる考えていると、エネルギーは滞ってしまい、自然治癒力の低下に繋がります。やりたいことがあるなら、どんな些細なことでもいいから、ぜひ行動してみてほしい、 一歩踏み出してほしいと心から思います。一歩踏み出すことで、意識が変わり、視点が変わり、さらによい変化があらわれるはずです。

皆さまの今この瞬間が、そして未来が輝きますように…。

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする