薬との正しいお付き合い

太陽の丘クリニックでは、よく「自然治癒力を高めるための働きかけを行う」「なるべく薬に頼らない」ということに関して、お越しになった患者さんに詳しくお話しをさせていただくことがあります。それは、人の身体には、本来、自分の身体に起こったあらゆるトラブルを、自分の力で立て直す力が隠されています。その力を最大限に引き出すことで、さまざまな病気を「治癒」に向かわせることが可能であると、知っているからなのです。

そして、それと同時に、近年開発され続けている沢山の薬の ”副作用の怖さ” を感じているからです。

風邪をひいて、薬をもらったときに、”車の運転は控えてください”と言われたり、怪我をして抗生物質を処方される時に、一緒に胃薬をもらって帰って、不思議に感じられたことはありませんか?これらは、”風邪薬には、眠気やだるさを引きおこす”、また抗生物質には”胃が荒れたり下痢になる”などという、「本来の目的以外にも、別の症状が起こってしまう」からなのです。そして、これらの症状のうち、あまり体にとっては喜ばしいものではない症状を引き起こすことを総称して『副作用』と呼ぶのです。

以前も、爪水虫の方が、長年水虫の内服薬を飲み続けたことで、肝臓の機能に異常をきたした、ということを取り上げたことがありますが、そのように、薬の副作用によって困った経験をされた、という方は実は意外と多いのです。

一般的に、「薬」という存在はとても重宝されているように見受けられます。けれど、そこで注目されるのは、「よく効く薬かどうか。」だけではないでしょうか。実は現在、頻繁に使用されている薬、そのほとんどが、「作用」と「副作用」があるのですが、副作用のことを気にしながら内服をされている方は、さほど多くないように感じます。けれど、あらかじめ副作用について知っておく、ということは大切な事です。実際、「○○、という病気で、薬を飲み続けていたら、✖✖、という病気にもなってしまって、医師に尋ねたら、『それは、副作用によっておこるものです。○○病の薬を飲んでいるのだから仕方ないですね、』、と言われて、初めて薬には副作用があることを知っておどろいた。」などということも、起こってしまいます。

極端かもしれませんが、”よく効く薬ほど、その副作用も強いもの”ということを、しっかりと把握したうえで内服をされることをお勧めします。そして、副作用をうかがわせる症状を感じた場合は、その薬の使用を『継続してもよいか、中止した方がよいか』を、必ず、信用のできる医師や薬剤師に相談されることをお勧めします。(くれぐれも、自己判断での薬の中断は、さらに危険ですので、お控えください。)

いずれにしても、「飲まなくてもいいもの」だったら「飲まないに限る」のではないかなと思っています。そのためにも、心身のバランスを保ち、自然治癒力を引き上げることは、大切なことだと感じます。

太陽の丘クリニックでも、このような、薬に関するお悩みや不安に関するご相談も承っています。可能であれば、エネルギー療法(ハンドヒーリング)との併用による、「減薬」へのチャレンジなどをご検討されてみてはいかがでしょうか。ご相談やお問い合わせは、随時受け付けております。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする