ダメと言われると、やりたくなる

台風から一晩明けて、今日はようやく時々晴れ間も見られるようになってきました。昨日は一日中風雨に見舞われていましたが、いかがお過ごしでしょうか。全国的にも、沢山の被害の状況が伝えられ、台風の威力を凄まじさを痛感しておりますが、既に次の台風(22号)のタマゴも確認され、またもや日本に向かうかもしれないとのこと、気が抜けません。

台風がやってくると、何故か普段は気にならないことが気になり、「外出は危険」と、止められているにも関わらず外に出てしまい怪我をされる方がいらっしゃいます。「うちの爺ちゃんは、雨風が強くなるころに限って、田んぼの様子を見に行こうとする。」とぼやく友人もいました。外に出てしまうまではいかなくても、台風が接近するとなんとなくソワソワしてしまい、外の様子が気になってしかたがない、そんな経験をされた方もいらっしゃるのではないだろうかと思います

「禁止されるほどやってみたくなる」このような心理的な現象はカリギュラ効果と呼ばれています。有名なところでは、3人組のお笑い芸人さん「❝某大型の鳥さん❞倶楽部」の『押すなよ。押すなよ。』などがあります。また、このような好奇心に基づく反発心のことを心理学では「心理的リアクタンス」と呼ぶように、心理学的にも裏付けの取れている人間の原始的本能に基づく行動のひとつといえるのでしょう。

「心理的リアクタンス」は人間の、自由を奪われたくない、という気持ちから起こる現象ですが、逆に考えるとそれは、人間が自由の尊重を求める性質を持っているという表れでもあるのだそうです。自分の身近に、「天邪鬼な人だなぁ。」と感じる方がおられたら、その傾向が強い方なのかもしれません。そんな時は、このような心理学的な知識をほんの少し知っておくだけで、お付き合いが楽になることもあるように感じています。

「台風の時に、行くなと言われるのに外出してけがをしたこと、ありませんか?」そんなことを聞いてみるのも、相手を知る手掛かりになるかもしれませんね。

太陽の丘クリニックには、大きな病院からも、「お手上げ」と宣告を受けてしまうような様々な難病の方がお越しになられます。不思議なことに、病気の複雑な方は性格も複雑なことが多いのです。当然、「天邪鬼」な方も少なくありません。「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」をおこなう際には、そのような、性格に関することもきちんとお話をしながら、施療をおこないます。そうすることで、ご自身の性格の癖と向き合っていただくことが、病気を克服するための大切な一歩だからなのです。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする