心臓は大事ですね

長雨や台風が接近していた数日前、何となく体(特に足)がむくんでいるなと感じていたのですが、先日受診された患者さんが同じようなことをおっしゃいました。気圧の変化によって、身体のむくみなどが起こる方は、意外に多いのかもしれません。気圧の変動が体調に影響をおよぼすことは地味に知られていますが、このむくみの原因も、それが原因で、血液やリンパ液の『循環』が、悪くなるためだろうと思います。同様に、もともと心臓の丈夫ではない(いわゆる「慢性心不全」と言われている)が、このような時期に調子を落とされるのも、気候のせいなのではないかと感じています。

そもそも、「心不全」とは病名ではなく、何らかの理由により心臓のポンプ機能が低下して、身体の中の血液の循環がアンバランスになっている状態の総称です。その中でも、突然強い心臓の機能低下がおこり「緊急に適切な治療をほどこさないと、生命がおびやかされる」ほど重篤な状態を「急性心不全」と呼びます。原因は様々なのですが、有名なところでは急性心筋梗塞や、心筋症、致死性不整脈 などがあり、それ以外にも呼吸不全や心臓弁膜症など、心臓に負担が来るような、さまざまな疾患でも起こり得ます。一番怖いのは「何の予兆もなく突然に」発症することが多いうえ、心臓という生命を維持するためには最も重要な臓器が ”正常に機能をしない” わけですから、死亡率がきわめて高い事です。意外かもしれませんが、10代や20代の若年層に起こることも、それほどめずらしいことではないのです。

心臓に持病がある方や、喫煙、肥満、ストレス、過労などで発症する確率が高くなる傾向にありますので、生活習慣は大切と言えるでしょう。気になる方は、定期的に心電図や血液検査などでチェックをしたり、食生活の見直し、禁煙にチャレンジされるなども検討されてはいかがでしょうか。太陽の丘クリニックでは、人間ドック「生活習慣病コース」では心臓の「冠動脈CT撮影による心筋梗塞や狭心症のリスク検査なども実施していますので、興味のある方はぜひご利用ください。

また、ストレスや過労の対策としては「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」が有効です。自分自身では気が付かない様々な小さなストレスが積み重なって、心臓に負担を来たしている方は意外に多いものです。実際、お越しになる患者さんの多くが、ご自身が無理をしているという自覚がないものの、心臓に強い反応を感じることがあります。総じてそのような方は、ヒーリング後に「血のめぐりが良くなったような気がします。」「顔がほてってきました。」ということを自覚されます。血液の循環を良くすることは、身体全体の機能回復につながるのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする