桃の節句

今日は3月3日、ひな祭り・桃の節句です。このような行事がとりおこなわれることを見聞きすると、日ごと春は近づいているのだな、と嬉しく思います。先ほどまで、ウグイスさんも ”中間イントロ” のあたりだけを、ひたすら囀って(さえずって)いました。美しい啼き声まで、あと一息のようです。

ひな祭りのルーツは、「300年頃の古代中国で起こった上巳節(じょうしせつ)が遣唐使によって日本にもたらされた」というのが一般的なのですが、実はそれ以前から古代日本の風習のひとつとして、根付いていたとも言われています。

「ひな祭り」の「雛」とはもともと雛形といい、実物を小さくかたどって作ったもののことを指しています。 (この”雛形(ひながた)”という言葉は、現代でも様々な形で使われる言葉のひとつですよね。)
古代日本の人々は、人形(ひとがた)を作り、それで身体を撫で、自分の病や罪や汚れを背負わせて、 川や海に流して祓い清め、健康や安寧を祈るという行事を行っていたようです。
こうした古代の清めの行事と、子供の人形遊びが結びついたことが、雛祭りの始まりと言われています。穢れを清める。いかにも日本の神事だな、とつい思ってしまいます。「祓い給い清め給え」などと神社で宮司さんが祝詞を挙げるのも、古い古い歴史あってのことだなと思います。

また、ひな祭りと言えば「ちらし寿司・菱餅・白酒」などがすぐに思い浮かぶ、という方も多いと思いますが、これらにも、それぞれに意味や願いが込められています。たとえは、ちらしずしの具材のエビには「腰が曲がるまで長生きできますように」レンコンには「先が見通せるように」豆には「健康でマメに働く」などが、また菱餅の三色にもそれぞれ、赤は魔除け、白は清浄、緑は健康という意味があります。さらに、桃の節句にしかお目見えしない「白酒」なのですが、これは甘酒路は別物ということをご存知でしょうか?白酒は元は「桃花酒」と呼ばれる桃の花を漬けたお酒です。桃は邪気を祓い長寿に通じる縁起ものだから、などといわれているのです。

いつの世の中も、自分やまわりの大切な人々の幸せや健康を願う気持ちに変わりはないな、と思います。このような願いや祈り、思いの力は、今を生きる人には少し遠い存在になりつつあるのかもしれない、と、少し物寂しく感じることもあるのですが、変わらぬままでいて欲しいものです。相手を思う「気持ち」の力は、「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」で用いる波動の力にも通じている、最近は特にそのように感じる現象に触れる機会が増えてきています。興味のある方は、ご一報ください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする