医学の父、ヒポクラテスのことば

「人間は誰でも体の中に100人の名医を持っている」『医学の父』と呼ばれた、ヒポクラテスの言葉です。

ヒポクラテスが、どんな人かは知らなくても、ほとんどの方が一度はその名前を耳にされたことがあるのではないでしょうか。紀元前400年代に実在した人物ですが、数々の名言を残している事でも広く知られています。数多い名言の中でも、個人的には、とりわけ、この「人間は誰でも体の中に100人の名医を持っている」が、お気に入りです。

自分の身体の中で、白衣を着て、聴診器を首からぶら下げたおじさんが、100人走り回っている姿を想像すると、かなり衝撃的ですが(いやいや、そんなことがあるわけないことぐらい、みんな分かってますって💦)実際には、身体というものは本来、自分自身で自分を癒す機能を、誰もが持ち合わせているのだよ、という風に解釈すると、よいのではないかと思います。「自然治癒力」は、誰でもが持っているものなので、それを、十分に活用するように、ということなのでしょう。熱が出たり、下痢をした時には、消化の良い食べ物や水分をしっかりとり安静にすれば、やがて症状は治まる、怪我をしても、刺激をせずに様子を見れば、そのうち綺麗に治ってゆく、それらは全て、自分自身の身体が自分で行ってくれることです。小さなケガや病気の場合には、無理をせずに自然に時を待つ、というのが、実は一番理にかなっているのかもしれません。

2000年以上も昔の人物が、「医の力」よりも「己の力」を信じよと説いていることに、まず驚かされますが、本当の意味での真理というものは、いつの世も、解る人にはきちんと理解されていたのではないのだろうかと、そのように思います。ヒポクラテスの言葉には、人々に対する深い思いを感じられるものが数多くあります。

  • その人間のもつ疾病に興味をもつことよりも、その病む人間がどのような人間かに興味をもつことのほうが重要である
  • 老人は若者より病気は少ないけれども、彼らの病気は彼らから去らず
  • 病を治すのは、医師ではなく身体である

エネルギー療法(ハンドヒーリング)では、両手で相手の方のからだの反応を確認しながら、間接的に自然治癒力に働きかけてゆきます。何の医療機器も薬剤も必要とすることなく人を癒すこの方法は、大自然や宇宙からの贈り物用に感じることがあります。おそらく、昔々から、人々を癒し続けてきたのは、このような自然と一体になれるエネルギーなのかもしれません。きっと、ヒポクラテスのような賢人は、このことを知っていて、真理を説き続けていたのではないのだろろうかと感じられます。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする