性格で、罹(かか)る病気は決まってくる?

医療従事者のあいだでは、よく病気と性格のことが話題にのぼることがあります。不思議なことに、患者さんとお話をしていると、「ああ、この方は多分○○の病気なんだろうな。」と感じるのです。そしてそれが、だいたい当たるのです。中には、『✖✖病気質』などと言われ、典型的に性格が似通っている疾患もあります。同僚とよく、「この性格だからあの病気になるのか、この病気になったからあの性格になるのか、どっちなんだろうね。」などという会話も、時折していました。

では、性格と病気には、実際のところ関連性があるのかと思い、少し調べてみましたが、実は、医学や心理学、社会学など、各分野でさまざまな研究がされている、大変興味深いテーマのようです。

「怒りっぽい」「せっかち」「競争心が強い」など、短気で行動的な性格の人は心臓病タイプ。「感情を抑えて表に出さない」「自分を責めがち」「自分より他の誰かを優先する」という頑固で我慢強い人は、がんタイプ、(中には、外面(そとづら)のいい人も含まれる、という説もあります)。そして、「無口で人付き合いが苦手」「融通が利かない」「自分の考え方を変えない」こういった性格の人は、認知症タイプといった具合です。ほかにも、「しつこい」「偏屈」「小心者」「落ち着きがない」などの性格の傾向で、痔や血液疾患、神経系の病気など、色々な病気になりやすいようです。

逆に、病気になりにくく、長寿の傾向にある人の性格は、「おおらかでマイペース、ちいさな事にはあまりこだわらない」というのが、多くの研究者の結論のようです。実際、長期に入院されている患者さんたちは、けっこうこだわりの強い方が多かったように記憶しています。ある面では、「病気なのだから仕方がない。」と思われそうですが、病気だからこそ、おおらかに、のんびりとして、おだやかな日々を過ごせたら、いいのにな、と思わずにいられません。出来ることならば、その結果、病気とのご縁が切れたら、言うことはありませんね。

太陽の丘クリニックでは、患者の皆様のすこやかな毎日が送れるように、そのお役に立てるよう、お手伝いをさせていただきたいと、思っています。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする