無駄な我慢は大病のもと・・・かも。

先日、70代の男性がひょっこりとアムサットの測定に来てくださいました。もともと、体調が思わしくないことが原因で「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」を学ばれ始め、最近はまずまず体調もいいため、たまに”健康チェック”にお越しになる方のうちのお一人です。

久しぶりにと、アムサットを受けられたのですが、なんとも思いがけない結果があらわれたのです。内臓系などにはほとんど問題がなく、リスク係数も20~30前後と健康そのものの状態だったのですが、ストレスなどによりリスク係数が上昇する自律神経系(目・耳・甲状腺)の値が、75近い値を示していたのです。

アムサット(全自動皮膚抵抗測定システム)では、未病の状態の測定を実施します。未病とは、健康状態の範囲ではあるが、病気に著しく近い、身体又は心の状態を指し、その結果はリスク係数として表されます。「理想値」を0%、「強度の機能低下エリア」を100%として判定します。

「アムサットの サンプル画像です」

この男性は、この結果をご覧になり、ちょっと顔を曇らせながら「・・・やっぱりか。」とおっしゃいました。詳しく話をお伺いすると、一週間前から、ずっとストレスを感じる環境に置かれていたそうで、ついに二日前から耳の聞こえが極端に悪くなったのだそうです。その男性に、「自分がそこまで負担に感じていることを関係者の方に話しましたか?」とお聞きすると、「波風が立つのが嫌だから、自分が我慢することで、何とかなるのなら黙っていよう。」と思って何も言われなかったのだそうです。その結果で、耳が聞こえなくなったことは、ご自身もイヤというほど感じておられるご様子でした。

ひとまず、自分がどうにかしてほしいと思っていることを正直に告げた方がいいとアドバイスをさせていただきました。その後、がんばってどうにかそのことを関係の方に告げた後、(ヒーリングの施術も受られました)聴力は無事もとに戻った、とのことでした。

今回の成り行で、”嫌なことを嫌と言わずに我慢する”ことが、心と同時に身体にも想像以上の負担を負わせているのだと、あらためて痛感しました。日々しなやかに、ありのままでいられるように心がけたいものです。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする