掌蹠膿疱症の原因と治療法について

IMG_7173

掌蹠膿疱症ってどんな病気?

掌蹠膿疱症とは、無菌性の膿疱(ウミがたまったもの)が手のひらや足の裏に生じ、慢性に経過する皮膚病で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。

足の症状は、水虫と似ていることもありますので、診断をはっきりさせるためには、真菌(カビ)がいるかどうか顕微鏡でチェックする必要があります。

掌蹠膿疱症の症状は?

小さな水ぶくれ(水疱)から生じ、だんだんと膿疱へと変化し、周囲に赤みをもつようになります。その後はかさぶたになって、かさかさとはげ落ちていきます。症状の出始めにかゆみが出ることがあります。時に、指や足背、手背、スネや膝にも皮膚症状が及ぶことがあります。ひどい場合は、歩行や仕事、日常生活に支障をきたし、QOL(Quality of Life:生活の質)が低下をします。

掌蹠膿疱症の患者さんの約10%で関節や骨に炎症があり、痛むことがあります。この症状は胸鎖関節(胸骨と鎖骨との間の関節)に最も多く認められますが、くびや腰などにも痛みが生じることがあります。症状がひどい場合は、整形外科の先生と相談しながら治療することもあります。

掌蹠膿疱症の原因って?

はっきりとした原因は、いまだ解明されていません。掌蹠膿疱症の患者さんのうち、約80%の人が喫煙者と言われています。また、金属アレルギーや扁桃腺や歯、鼻などに細菌による慢性炎症があると掌蹠膿疱症が生じることがあります。私たちはこのような病変を病巣感染と呼んでいます。掌蹠膿疱症が治りにくい場合は、一度歯科や耳鼻科で病巣感染の有無をチェックしていただいてもよいでしょう。


因果関係は必ずしもはっきりしていないのですが、糖尿病や甲状腺疾患を併発することがあります。掌蹠膿疱症の症状が長引いている場合は、念のために基礎疾患を調べてもよいかもしれません。

掌蹠膿疱症の治療法は?

掌蹠膿疱症の治療は、皮膚の免疫を抑制することが基本になります。皮膚の病巣感染金属アレルギーなど、病気を悪化させる要因があれば取り除くようにします。もし、これらの増悪因子がみつからない場合は、下記のような対症療法を行います。

外用療法:very strongクラス以上の副腎皮質ステロイド外用、活性型ビタミンD3外用

全身療法:紫外線治療、ビタミンA誘導体の内服(避妊・副作用について同意が必要)場合によっては免疫抑制剤

生活で注意することは!?

煙草を吸っていらっしゃる方には、まず禁煙あるいは節煙をおすすめしています。

太陽の丘クリニックでは、どんな検査や治療法があるの?

太陽の丘クリニックでは、問診・診察を十分におこない、病気の原因について探り、できるだけお薬に頼らずに、根本から改善させるアドバイスやお手伝いをしています。

当院では、必要があれば、受診をした日に血液検査レントゲンCT検査を行うことも可能です。画像や血液検査にまだ現れない体の負担、いわゆる未病を検査するAMSATも自分の健康状態を把握し、生活や健康を見直すのにとても有効です。

掌蹠膿疱症は、いろいろ調べてもはっきりとした原因が特定できないことがほとんどです。といっても、身体は一つに繋がっていますので、実際には自律神経や心臓、腎臓、腸といった内臓の負担も掌蹠膿疱症の発症に大きく関係しています。当院では、ステロイドやビタミンD3の外用薬、ビタミンA内服、免疫抑制剤といった西洋医学的な治療のほか、ヒーリングの治療も行っています。

ヒーリングエネルギー療法の一つ)は、患者さんの臓器の負担を軽減させるもので、実際、1週間に1回の定期的な施術を行う中で、数年来の皮膚症状から解放された患者さんもいらっしゃいます。掌蹠膿疱症も、他の皮膚疾患と同様に患者さん本来が持っている自然治癒力が高まれば、良くなっていくと考えています。ヒーリングは、自然治癒力を高める治療法でもあり、副作用が一切ないので、どなたでも気軽に試せる方法でしょう。

掌蹠膿疱症とストレス

掌蹠膿疱症も、心と身体からのメッセージです。積み重なるストレスや、仕事で忙しく睡眠不足が続いたり、ご家族の介護などで心と身体が限界にきたときに掌蹠膿疱症を発症することもあるように思われます。太陽の丘クリニックでは、患者さんとの対話を大切にしており、原因となるストレスや心のあり方にも目を向けています。


掌蹠膿疱症でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。    

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする