寒さで身体が固まる日

全国的に大雪警報で注意が呼びかけられています。クリニック周囲も、「大雪」というほどではありませんが、朝からずっと雪が降っています。山沿いの地域にお住まいの患者さんからは「雪が積もって車が出せません・・・。」と、キャンセルのお電話もいただいたりしています。きっと他の地域でも、雪による弊害がいろいろと出ているのではないでしょうか。

それにしても、この寒さはこたえます。体の動きもなんだかぎこちなくなってしまい、掛け声をかけなければ動けないのではないだろうか、と、つい「おばあちゃん感」丸出しになりつつあります。さらに、「この寒さで、ついに体の中の脂肪分が固まり始めたか・・・。」などと、あり得ない妄想も始まってしまいました。(絶対ありません。念のため。)

それはともかく、実際、寒い時には身体の動かし辛さや背中、肩、膝などに痛みやコリを感じておられる方は、多いのですが、これにはやはり理由があります。

気温が下がると、寒さのために血管の収縮などが起こるため、血行が悪くなってしまいます。そうすると、からだの中に送られる酸素や栄養分が減ってしまいますので、体は老廃物が溜まりやすい状態になるのです。この老廃物が貯まってしまうと、血液やリンパ液の流れが悪くなり、筋肉が硬くなっていってしまうのです。また、寒さの厳しい日に戸外に出たりすると、ついつい『さむっっ』とばかりに、体を丸めてしまい姿勢まで悪くなります。この姿勢の悪さも、血液の循環を妨げてしまうため、さらにコリや痛みの原因を作ってしまう、ということなのです。

対策としては、「身体を温める」「血流を良くする」ことが大切ですので、保温性の高い衣服や温かい汁物のような食事、また適度な運動や、場合によってはマッサージなども効果的と言えるでしょう。クリニックでは、「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」での寒さ対策なども行っています。こちらは、直接身体の細胞のレベルに働きかける作用がありますので、体の芯から”血のめぐり”が良くなってゆくことを。実際に感じられる方もいらっしゃいます。「身体がポカポカしてきました、ありがとう。」などと言っていただけると、こちらの『こころの血行』が、良くなってゆくようで、嬉しい限りです。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする