病気治しのスタートは心を開くことから

IMG_20160317_092628

こんばんは。

太陽の丘クリニック、院長の豊田美都です。

誰でも多かれ少なかれ、痛みや病気を抱えて生きていらっしゃるでしょう。

全ての症状や病気は、心や身体からのメッセージです。

そのメッセージに耳を傾け、受け入れ、自分の中に気付きや変化が起きなければ

病気は真には癒えていきません。

たとえ、薬で症状を抑えていったん治ったように見えても、また別の形であらわれます。

太陽の丘クリニックでは、西洋医学をベースに必要な薬はきちんと使いながら

病気が発するメッセージを患者さんと一緒に考えていきます。

病気の発症には、肉体的・精神的なストレスが関わっていることが多いものです。

最初の診察のときに

「思い当たることはないですか?」

とお尋ねしても

「特にありません。これといって悩みもないですし…。」

とおっしゃる患者さんもいますが、何度か診察を重ねていくと

徐々に心を開いてくださり、ご自身の感情を吐露して下さる瞬間があります。

それは診察室の中だけではありません。

受付でのたわいもない会話から

「実は…」

と話してくださることもあります。

ありのままにご自分の感情を吐き出すこと

それは、病気を治すうえでとても大切です。

誰にも言えずに抱えていたご自身の感情を、ありのままに吐露できたとき

身体に変化が起こります。

その感情を受け入れ、乗り越えていくのは患者さんにしかできませんが

そのお手伝いができた時、医師として喜びを感じます。

ある患者さん、定期的に太陽の丘クリニックに通院する中で

少しずつ前向きに元気になっていらっしゃいます。

太陽の丘クリニックにくると、とても心が落ち着くそうなのです。

「ここのクリニックは僕にあっているんでしょうね。」と患者さん

「ここではきっと人との繋がりを感じることができるのですね。」と言うと

「ここでは、ありのままになれるんです。」

そこから一歩ずつ進んでいけばいいと思います。

太陽の丘クリニックは、患者さんに寄り添えるクリニックでありたいと思います。

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする