家族の想い

病気になった時、しかもその病気が、自分の人生の、大きな方向転換を余儀なくされるような深刻なものであったら、人は誰でもその事の重大さに衝撃を受け、見えない重圧を感じ、同時にどこから来るのか分からない、言いようのない不安に押しつぶされそうになってしまうものだと思います。あるいは、怒りにも似たやるせなさが、ふつふつと沸き上がってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

「どうして自分がこんな病気になったんだ。自分が何をしたというのか。他に、病気になって当たり前の人間なんか山のようにいるのに、どうして自分が・・・。」

どうして、どうして・・・。このような思いを抱え続けながら日々を過ごすのは、本当につらいものだと思います。そして、その思いは、無意識に周囲への「態度」となってしまうものなのではないでしょうか。

周囲に、体調を気遣う声をかけられても、笑顔になれず、ささいなことで腹が立ち、怒りの矛先を一番身近な家族に向けてしまい、ついついきつく当たってしまう、そのような方も、時々お見掛けしてきました。そのようなお姿を見るたび、双方お辛そうだな、と、思わずにはいられません。以前、末期がんのご主人を、かいがいしくお世話されている奥様が、「あんなに穏やかな人だったのに、いまはちょっとしたことで腹を立て、怒鳴り散らすのです、それを見ているのが辛いです。」と、おっしゃったことがあります。ああ、患者さんではなく、病気が言わせているのだな、と、思いました。同時に、それをそばで見続ける奥様の辛さも、痛いほど感じました。

こころを通わせ、共に病気に立ち向かってゆく、そのような関係になれれば、お互いの気持ちも少しはスッキリとしてゆくのではないのだろうか、と、感じます。

エネルギー療法(ハンドヒーリング)の治療を選択される方々の中には、このような状況の、患者さんとご家族もいらっしゃいます。病にやつれ、看病に疲れ果てたお姿でお越しの方もいらっしゃいます。けれど、不思議なことに、ヒーリングの施療の回数を重ねるごとに、患者さんもご家族も、穏やかになられ、笑顔を取り戻し、「家族みんなで乗り越えよう。」という心境になっていかれるように感じます。きっと、身体が楽になることをご自身が体感され、そのことで、病気によって頑なになってしまった心が、自然と楽になってゆくのではないでしょうか。その結果として、家族の絆がより深まれば、何よりだなと、感じます。

原因不明、難治性の疾患などで、日々不安でいっぱいでたまらない、今の状況からどうにか抜け出したい、などとお考えの方は、一度クリニックにご相談されてみてはいかがでしょうか。診療科目にかかわらず、ご相談をうけたまわっています。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする