「大丈夫!」と言える医療を

IMG_20160518_185909

クリニックラウンジからの夕方の空

「インフォームドコンセント=説明と同意」とは、よく聞く言葉です。予想される結果や危険性など、患者が十分な説明を受け、そのうえではじめて同意するという意味。医療訴訟が増えてきた現在、医療者側は自分の身を守るためにも手術の危険性や合併症、薬の副作用など起こりうる最悪の可能性を説明します。そのことは、本当にお互いにとってよいことでしょうか?患者さんにとっては、かえって不安を増強させてしまったり、「治らない」と思い込んでしまったり、望ましくない結果につながることも多いように思います。

日々、診療をする中で、こちらは大丈夫だとわかっているけれど、患者さんのほうが不安がっていることもたくさんあります。

医師として30年近い臨床経験を持ち、、現在はクリニックを開業していらっしゃる先輩ドクター。その先輩の忘れられない言葉があります。

「大切なのは『大丈夫』を貫く覚悟を持つことですよ。

そして精一杯誠意を尽くすことです。

私はどんな時も、どんな状況であっても患者さんに

『大丈夫』

と言っています。

ときに裏切られることもあるかもしれない。

けれど私は一開業医なのでもし何かあっても

個人のクリニックを失うぐらいですから。

でも文句を言ってきた人は一度もいませんよ。」

どんな時も患者さんの自然治癒力を信じ、病気がよくなることを信じ

「大丈夫」

と患者さんに寄り添える医師でありたいと思います。

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする