薬に頼らずに自然治癒力を高めて健康になろう!

太陽の丘クリニックにも、咳や鼻水などの風邪症状で病院を受診される方が多くいらっしゃいます。薬の処方を希望されて来院されるのですが、本来、風邪症状は身体に必要な免疫反応であり、「身体が疲れていますよ。」のサイン。ほとんどの患者さんが、「最近忙しかった。」と自覚しています。大切なことは、しっかりと睡眠休養を取ること、そうすれば自分の力で治っていきます。

また「病院に行っても治らない。」という言葉は、よく聞かれる言葉です。急性の症状であれば、薬だけで治ることも多いですが、慢性の症状や病気には、これまでの食生活や生活習慣、ストレスなども大きく関わっており、その原因に目を向け、変えていくことで病気(症状)は良くなっていきます。何も変えないままに、薬だけ漫然と使っていては、治るものも治らないのです。

病気を治すのは、ご自身の自然治癒力です!

赤坂ロイヤルクリニック院長 渡辺順二医師著『癒しのホメオパシー』

img_20161019_225249

2章ホメオパシーの病気の捉え方 病気や症状をどのように考えるか より一部抜粋

いわゆる西洋医学では、症状があれば「病気、症状」=「苦痛」と考えますから、とりあえずその症状を取り除こうと考えます、取り除くというと聞こえはよいのですが、実は症状を抑えるだけです。風邪をひいて咳が出れば気管支を拡張させるような薬を投与し、咳を出なくさせます。腹痛があれば、腸の動きを止めるような薬を出して、腹痛を抑えます。熱が出れば解熱剤によって熱を抑え、下痢をすれば下痢止め、嘔吐があれば、吐き気止めを処方するといった具合です。皮膚病が出れば軟膏で抑えるでしょう。場合によってはステロイドなどの免疫抑制剤で免疫能を抑えてまで治そうとします。腫瘍があれば悪性のものはもちろんのこと、場合によっては良性のものも切除してしまいます。…

これらの対症療法的な処置は短期的に見れば、症状も緩和され楽になるかもしれません。しかし症状をそう簡単に抑えてよいのでしょうか?熱を上げることにより、免疫力が増し、生体は細菌やウイルスの増殖を食い止めようとします。下痢によって腸内のバイキンを排出します。嘔吐も同様の役目があります。咳や痰も異物の排出に役立ちます。…

ホメオパシーでは、病気とは生命エネルギーの停滞のことであり、症状は、生命力の歪みにより、生命力そのものがバランスを崩した結果であると考えます。そして症状という形をとることによって、そのバランスを本来あるべき位置に戻すことができると考えています。その意味では、症状そのものが自然治癒力の働きであり結果なのです。…

本当の心身のバランスを保てるのは自然治癒力だけですから、真の意味での健康を願うならば、自然治癒力をうまく利用するのがベストでしょう。本当にすぐれた治療法とは例外なくこの自然治癒力がうまく働くように補助するものです。自分の不健康さについて一番よく知っているのは自分自身。そしてそれを治せるのも結局のところは自分自身しかいないのです。どんなに西洋医学的な薬が進歩したところで、真の心身のバランスを回復できるのは自分自身の自然治癒力しかありません。

当院では、自然治癒力を高める医療を目指しています!

太陽の丘クリニックでは、対症療法に終わるのではなく、生活習慣やストレス、心の在り方など病気になった原因に目を向け、根本から改善できるよう、そのために診察の時間=患者さんとの対話をとても大切にしています。西洋医学的な治療のほか、患者さんのご希望に応じて漢方薬の処方やヒーリングの治療を取り入れています。ヒーリング(エネルギー療法の一つ)は、各臓器の負担を軽減させることで諸症状を取り除く治療法で、副作用が一切ないので、どなたでも気軽に試せる方法でしょう。実際、風邪症状であれば頭痛、喉の痛み、胃痛や吐き気、全身倦怠感などの改善が見られますので、西洋医学と組み合わせていただくことでより早い回復が望まれます。

病気を治すのは患者さんご自身、私たちは患者さんが病院に依存するのではなく、自立をされ、病院から卒業できることを目標にしています。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                  

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院は予約制となっておりますので、事前にご予約のうえおこしください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする