水いぼが、増えています

6月の中旬くらいから、「水いぼ」で受診される子供さんが増えてきました。

水いぼは、正式には「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」、といいます。良性のウイルス疾患で、基本的には子供さんの疾患です。皮膚と皮膚の接触で感染しやすく、特に夏になってくると、増えてきます。

何もしなくても、治ってゆくこともありますが、症状の現れ方にはかなりの個人差があり、気がついたら体中が水いぼだらけになっていた、という方もおられますので、小さい子供さんをお持ちのご家族の方は、注意をしてあげる必要があるでしょう。もともと乾燥肌やアトピー性皮膚炎などがある方は、いぼが広がりやすかったり、とびひ(伝染性膿痂疹:でんせんせいのうかしん)になりやすい傾向もあります。とびひになったかな?と思われた時は、なるべく早めの受診をお勧めします。また、自宅に余った軟膏があるからと、自己判断で使うのは、絶対におやめください。(水いぼには、栄養補給になってしまい、逆効果のこともあります。)

水いぼの中にウイルスが潜んでいますので、掻いてしまっていぼがつぶれると、それが原因で新しい水いぼができてしまいます。「なんだか増えて来たかも・・・。」という場合は、まずご相談ください。特に学校や幼稚園、保育園などでプールが始まる時期ですので、気になる親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。プールに入ること自体は、特に問題ないとされていますが、タオルやビート版などがが、感染の媒体になることもあるため、『水いぼが治るまではプールには入れない』という施設もあるようです。

この暑い日々、プールが楽しみなお子さんもたくさんいらっしゃるでしょう。まずは、一度体に水いぼがないか、チェックされてみて、疑わしい時には、クリニックへどうぞ。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする