心の病も薬だけでは治せない!薬に頼らない診療を目指して

IMG_7156

近年になり、ますます心の病は増えています。                      厚生労働省のデータによると、精神病患者は平成23年度で約320万人となっており、その後も増加しているようです。精神疾患の内訳はもっとも多いものがうつ病で、次に多いのが、統合失調症不安障害認知症と続いており、特にうつ病と認知症が近年著しく増加の一途を辿っているのです。

うつ病に関して、専門医に相談している患者さんは全体の約3割で、7割の患者さんは家族や職場に迷惑をかけたくないといった思いから、相談をせずに一人で抱えていらっしゃるそうです。

不眠症、うつ病、自律神経失調症といった精神的な疾患を発症するのには、職場でや家庭内での問題、人間関係のストレス、仕事のプレッシャーなど様々な要因が引き金となっています。お薬で症状が緩和され、笑顔を取り戻されたり、休職などによりストレスの原因から離れることで、急速にお元気になられる方もいらっしゃいます。

しかし、心の病には、育った環境、両親の関係、親子関係なども大きく関わっています。心の病を癒すためには、それらの関わりをクリアにしていき、最終的には、ご本人の考え方、物事の受け止め方や視点を変えていく必要があると考えています。そのためには、しっかりとお話を伺うということが不可欠です。5分診療で、お薬だけもらっていたのでは、心の病は治らないということを実感しています。

太陽の丘クリニックでは、どんな検査や治療法があるの?

太陽の丘クリニックでは、問診・診察を十分におこない、病気の原因について探り、根本から改善させるアドバイスやお手伝いをしています。もちろん必要な場合には、投薬をおこないますが、当院では、まずお薬に頼るのではなく、患者さんからお話をしっかり伺い、原因となっている問題を一つ一つクリアにし、患者さんの心が元気になるお手伝いをさせていただいています。

当院では、必要があれば、受診をした日に血液検査レントゲンCT検査を行うことも可能です。心と身体は繋がっていますので、身体の負担も心に、心の負担も身体に、それぞれ影響を与えます。心が元気になるためには、食生活や運動など生活習慣を見直すこともとても大切です。画像や血液検査にまだ現れない体の負担、いわゆる未病を検査するAMSATも自分の健康状態を把握し、生活や健康を見直すのにとても有効です。

太陽の丘クリニックでは、西洋医学的なお薬の処方を行うとともに、漢方薬、そして患者さんの心をリラックスさせるとともに身体の負担を軽くするために、ハンドヒーリングの治療も診療に取れいれています。ヒーリングの治療を受けると、なぜか多くの患者さんが心を開き、思いを吐露してくださり、そのことが更なる心の回復を促しています。

※ハンドヒーリング:代替医療の中のエネルギー療法の一つ

眠れない、なんだか落ち込む、イライラするといった症状がおありの場合はお一人で抱え込まずに、気軽にご相談ください。

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする