かゆみはストレスと深い関わりがある!

img_20150926_095845%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

すべての症状も病気もご自身が創り出しています。このことは、ブログを通じても度々お伝えしていることです、急性の感染症や怪我(けが)などは、適切な処置を施せば治っていきますが、慢性の病気は、対症療法だけではなかなかに難しく、ご自身の生活習慣やストレス、生き方・考え方・心のあり方など、病気を創り出している根本が変わることで、はじめて治癒へと向かっていきます。

かゆみはストレスと大きく関わっている

私事ですが、最近、左の手首をアリから噛まれることがありました。自然経過をみようと、敢えてステロイドは塗らずにそのまま様子をみていました。赤くなって盛り上がったところが、落ち着いている時は一切かゆくないのですが、何か考え事をしているときや忙しい時、イライラしている時には、急にかゆくなり、無意識のうちに掻いているのです。

皆さんも、イライラしたときにかゆみを感じる経験をしたことはないでしょうか??

皮膚症状の発症にもほかの病気と同じく、生活習慣や食生活、家庭環境や社会環境、ストレスなどが大きくくわわってきます。若い頃は、自然治癒力も高く、たいていの症状は短期間で治っていきますが、年齢とともに皮膚の衰えや臓器の負担も蓄積されているため、慢性化しやすくなります。ご自身の自然治癒力で抑えていたものが、過度のストレスがかかることで、バランスが崩れ、皮膚症状となって現れることはよくあることです。

よく数年間皮膚病をお持ちで、「病院に行っても治らない。」と言われる患者さんがいらっしゃいます。けれど、薬が治してくれるわけではなく、ご自身の自然治癒力で治っていくものなのです。ステロイドや抗アレルギー剤などの処方だけをしてもらい、睡眠時間も短く、食生活も不規則、運動もせずに、ストレスを溜めたままの生活をしていれば、当然治っていかないでしょう。病気を克服するためには、原因となっているストレスに目を向け、そのストレスを緩和させる、あるいはご自身の受け止め方を変えるということも大切なことです。

ある患者さん、度々浸出液を伴う湿疹を繰り返していましたが、大変忙しくてハードなお仕事を辞めた途端に皮膚症状は治っていきました。

ある患者さん、蕁麻疹で悩んでいらっしゃいました。お話をお聞きすると、ご主人に対していろいろな思いを抱えておられ、思い切ってご主人に気持ちを伝えたところ、蕁麻疹が驚くほど軽くなりました。

太陽の丘クリニックでは、どんな検査や治療法があるの?

太陽の丘クリニックでは、問診・診察を十分におこない、病気の原因について探り、できるだけお薬に頼らずに、根本から改善させるアドバイスやお手伝いをしています。

血液検査レントゲン、必要があると判断した場合は、受診したその日にCT検査を行うことも可能です。また、『がん』のチェックなど全身を調べたい場合は、人間ドックも行っております。画像や血液検査にまだ現れない体の負担、いわゆる未病を検査するAMSATも自分の健康状態を把握するのにとても有効です。

太陽の丘クリニックでは、西洋医学的な治療のほか、漢方薬の処方やハンドヒーリング(エネルギー療法)の治療も診療に取り入れています。ヒーリングは、副作用が一切ありませんので、お子さんやご高齢の方にも気軽に試せる方法でしょう。

心を開いて、感情を吐露することが症状の改善に繋がります!

病気治しへの第一歩は、心を開いて感情を吐露することです。その証拠に、あまり抵抗なく、ありのままにご自身のことを話して下さり、吐露していただく方の方が、そうでない方よりもスムーズに治っていくことを度々経験しています。病気治しには、シンプル、ありのままといった要素が大事なこともあるでしょうし、感情を吐露することで、ご自身の考えが整理でき、視点や受け止め方を変えやすいためではないでしょうか。

診察の中で様々な角度から質問をさせていただくことがありますが、単なるコミニュケーションとしてではなく、その中から病気になった背景や原因を探っているからなのです。

しつこいかゆみでお悩みの方がいらっしゃれば、お気軽にご相談ください。

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする