直感で行動する。

今日は、クリニックにおこしになった患者さんと「スーパーに買い物に行ったとき、沢山の商品を目の前にして、なんだかんだ迷ってさんざん考えても、結局買うのは一番最初に目に入った商品ですよね。」ということで意見が一致し、ずいぶんと盛り上がりました。(しょっぱなから”おばちゃん感”満載で、なんか、ごめんなさい。)

これは、「直感」で感じたことが一番正しい、ということのあらわれではないだろうかと思うのです。人は時々、ふとした瞬間にある考えが閃くことがあります。(おそらく、どんな方でも経験がありますよね?)その閃きが直感、あるいはインスピレーション、というものだといえるのではないでしょうか。そして、このような瞬間的に閃く考えとは、たいていその閃いた方にとっての正解だと、いわれています。また、このような「直感」をたよりに行動すことが得意な人には、成功者が多いともいわれています。

ただ、この「感じたまま」に行動するということは、今の世の中を生きる方々にとっては、かなり勇気のいることでもあるのです。それは、感じた後に「考える」クセがついてしまっている人が、世の中にはずいぶんと多いからなのです。分かりやすい例えとして、仕事中に突然、「アイスクリーム食べたいな。」という思いが脳裏によぎったとします。すると、少しして「いやいや、今仕事中だし、目の前には上司がいるし、コンビニ遠くて買いに行けないし・・・。」と考え始めます。そして結局、「ま、今無理して食べなくてもいいじゃん、また今度で。」となり、アイスを食べたい気持ちは、葬り去られてしまいます。『感性よりも、思考が勝利した瞬間』ともいえるでしょう

感じたまま生きる、ということは、ややもすると「自分勝手」「空気が読めない」ともとられるような行動となりがちです。幼いころから道徳を重んじ、「人に迷惑をかけない」ことが美徳としている人々には、抵抗があることは否めません。けれども、あまりにそのような世間体ばかりを気にし過ぎてしまうことは、心や身体にはあまり良くないことも、また事実なのです。アイスぐらいならかわいいものですが、それが仕事や家庭などでの”いろいろ”に及ぶときには、感じたままに行動することを選ぶ方がいいこともあると、『感じて』います。(そのうち、もう少し具体的なお話ができたらなと、思っています。)

「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」では、この直観力やそれを磨くための感性を、とても大切にします。感性を研ぎ澄ますことでしか、感じられないことも往々にしてあるからなのです。そのため、ヒーリングを学ぶ人は皆、「感じたまま」に発言をしたり行動したりすることを、常に心がけるように、と教えられます。この作業は、慣れてくるととても楽しいし、ワクワクしますし、何よりも、とても「自分らしく」生きる最強のコツです。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする