腸内細菌が性格を決める!?

先日受診をされた患者さんが、「『心と腸の関係が医学的にも証明された』というニュースをテレビで見ました。」と教えてくださいました。そこで、調べてみると…

腸内細菌が思考や行動に影響を与える

米国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームによって、「腸内細菌が、私たち人間の「思考や行動の傾向」、つまり「性格」に影響を及ぼしている」という研究成果が報告されました(『Psychosomatic Medicine』2017/06/28掲載)。その論文では、特定の細菌グループが、「感情の反応」に影響を及ぼしていると示されているようです。ある細菌が多く分布していた被験者達は、ネガティブな画像を見せられたとき、「不安」や「苦悩」などのネガティブ感情を強く感じ、別の細菌が多く分布していた被験者達は、ネガティブな感情を味わうことが少なかったとありました。

このような報告がなされると、腸内細菌に目を向けたサプリメントや健康食品が流行りそうですが、個人的には特別なものは必要ないと思っています。バランスの取れた食生活、十分な睡眠、適度な運動、禁煙、節酒など生活習慣の改善を図ることがとても大切です。

コンビニ食や外食が多かったり、睡眠時間が不足したりすると、腸内環境も整わず、精神的にも不安定になりやすいものです。

また、腸内細菌が「性格」に影響を与えることもさることながら、「性格」、つまりご自身の”心のあり方”や”ストレスの受け止め方”が腸内細菌に大きく影響しているのだと考えます。腸の働きは、自律神経に支配されているので、過度にストレスがかかり、自律神経のバランスが崩れると腸の働きが悪くなり、よい腸内環境を保てなくなるのでしょう。

心と身体の関係って?

西洋医学は、局所の症状のみに目を向け、症状を抑える対症療法が主流となり、心や他の臓器に目を向けられることはあまりありません。しかし、身体は一つで繋がっており、全ての症状は一つの臓器だけが原因でなく、さまざまな臓器の負担が影響しています。

例えば、1か月以上続く慢性蕁麻疹。薬を飲んでいる時は治まっているけれど、薬をやめると症状が出るため、薬を何年も飲んでいる患者さんも少なくありません。蕁麻疹は、自律神経や腸の働きが関わっており、ストレスを引き金にご自身の自然治癒力が低下してしまうと発症すると考えています。

最近よくご相談を受けるのですが、女性に多い顔面の酒さ。顔の皮膚だけに原因があるわけではなく、自律神経、腸、婦人科系といった臓器も関わっており、ストレスや暴飲暴食によって悪化する患者さんもおられます。酒さの患者さんは、マイナス思考で、気を遣い過ぎていたり、考えすぎたりする傾向があり、逆におおらかでシンプルな患者さんは、酒さになっても治りやすいという印象があります。

アトピー性皮膚炎も腸の働きが大きく関わっており、皮膚科疾患だけでなく、リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症などの膠原病、脳出血や脳梗塞、パーキンソン病、腰痛、統合失調症やうつ病といった心の病など様々な疾患が腸の働きと深く関わっているようです。

太陽の丘クリニックでは…

太陽の丘クリニックでは、西洋医学をベースにしながら、病気を創り出している生活習慣や心のあり方、ストレスにも目を向け、漢方やエネルギー療法といった代替医療も取り入れながら、患者さんが持つ自然治癒力を高める医療を目指しています。

では、腸が健康かどうか、どうやってわかるのでしょうか!?

太陽の丘クリニックでは、AMSAT(アムサット)全自動皮膚抵抗測定システムという検査を導入しています。もとは宇宙飛行士の健康チェックのためにロシアで開発された機械で、ドイツで製品化されました。

レントゲンや採血など通常の検査では異常が出ないもののなんとなく調子の悪い状態を『未病』といいます。アムサットは、この『未病』の状態をわずか17秒でチェックすることができます。約6~8割が既存の症状や診断結果に一致していると言われています。

アムサットの結果の一部をお示しします。アムサットの検査では、下図のように主な臓器が数値化され、グラフになってあらわされます。腸が弱い方は、腸(消化管)の数値が高くなるのですが、アレルギーや自己免疫疾患がある患者さんは、たいてい腸(消化管)の数値が高くなっています。

良い生活習慣を心がけていらっしゃる患者さんは、結果がよく、不摂生をされていたり、マイナス思考だあったり、考えすぎる患者さんは数値が高くなるという傾向もあります。

太陽の丘クリニックでは、このアムサットの結果をもとにアドバイスをさせていただいています。アムサットは、診察の中で5分でできる検査(1回2000円)なので、ご希望があれば遠慮なくおっしゃってください。また、最近ではアムサットのみで検査にこられる患者様もおられますので、気軽にお問い合わせください。

また、実際に腸の中が気になるという方には、大腸CTC検査がお勧めです。大腸内視鏡や注腸X線検査のような負担がほとんどなく、欧米では早くから、ポリープを対象とした大腸がんスクリーニングにCTCを用いる試みがあり、研究も進んでいます。

健康で生きるためには

最後に…

健康で生きるためには、良い生活習慣を心がけるとともに、

明るく前向きに、些細なことに感謝して、今を輝いて生きることが一番です!

どんな病気であってもご自身の自然治癒力が高まれば、

必ずよい方向へ向かうと信じていますし、そのためのお手伝いができれば何よりです。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする