「刺された!かゆい!(痛い!)」そのあとは?

昨日、一昨日の週末は、ずいぶんとたくさんの患者さんが受診をされました。時に目立ったのが、「虫刺され」の方が多かったことです、「海で」「山で」「公園で」と、いろんなところで主に刺された方がいらっしゃると、「夏休みだな~。」と感じます。

ひとことに「虫刺され」と言いますが、刺された虫により、症状は違いますので、刺された後のケアも、少しづつ変えたほうがよい場合が、あります。蚊やアブ、ブヨなどは、まず流水で洗った後で冷やすと、かゆみが落ち着きます。また、ブヨは、かゆみがとても強く、長引くことが特徴ですので、爪で掻きむしらないように、つめの手入れをきちんと行うようにされてください。パッチタイプのかゆみ止めを使うのも、効果的でしょう。

毛虫やハチに刺された時は、洗う前に刺された皮膚をよく見てください。たまに、針が残っていることがあります。毛抜きやピンセットを使って、針を抜いてから洗い、冷やしましょう。(手で抜こうとするのは危険ですので、避けた方が賢明です。)

いずれの場合も、一番心配なのは、刺された後の「かゆみ」です。(ハチなどに刺された時も、一時的には痛みが強いのですが、その後かゆみに変わってきます。)皮膚をかきむしることで、二次的な症状が起こってしまうのです。かき傷からの感染を防ぐことが大切です。とびひ(伝染性膿痂疹:でんせんせいのうかしん)になった場合は、なるべく早く受診をされることをお勧めします。

単に蚊に刺されただけなのに、異様に大きく腫れあがるような場合は、ヘルペスウイルスの仲間である「EBウィルス」に感染しているかもしれません。蚊に刺されて後で、全身に蕁麻疹が出たり、発熱などの重い症状を引き起こした経験のある方で、気になる場合は、一度、専門の医師に相談されてもよいかもしれません。

ひとことに虫刺されと言っても、あなどれないな、と思いますが、昔から夏になると虫に刺されるのはあたり前だったはずなのに、こんなにトラブルってあったのだろうかと、不思議にも思います。人の身体がデリケートになったのか、虫が強くなったのか、はたまた、別の原因が隠されているのか・・・。まあ、あまり深くは考えないことにしましょう。(ちなみに、しつこい痒みにも、エネルギー療法(ハンドヒーリング)は、効果的です。)

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする