雪の影響

一月も終盤にさしかかり、暖かい日と寒い日が交互に来るのも、この時期特有の現象ではありますが、それにしても現在日本上空にある寒気は、過去最高なのだとか。北日本や東日本の豪雪被害がしきりに懸念されています。雪に慣れているはずの北国の方々も辟易とするような寒波に襲われるとは、やはり気候は、地球規模でおかしなことになっている証なのでしょうか。天気とは、「天の気持ち」とよく言われますが、我々は今一度「天」の機嫌を損ねるような行ないをしていないかどうか、しっかりと考え直さなければならない時代を生きているのではないのだろうか、そんな思いがふとよぎります。

今朝は、雪が原因で「もやし」が品薄になっている、というニュースを耳にしました。それでなくても最近は、雪などの悪天候が理由で野菜の価格は絶賛高騰中です。ここにきて庶民の強い味方「もやし様」がスーパーの店頭から消えてしまうのは死活問題です。これも、流通機能の乱れで出荷できないことが原因なのだとか。「自給自足」という生活スタイルから切り離された日々を送るということは、このような時にその代償を払うことになるのか、などと思ってしまいます。そういえば、”雪深い地方の人々は、雪の降る季節には家の中でほとんどの時間を過ごすから保存食の文化が普及していった”、ずいぶん昔に教わったことを思い出しました。自然と上手に向き合いながら生きる、ということは、決して無理をせず、自然に抗わず、それらを受け入れて共生していく、ということでもあるのだろうなと、感じます。

そして、このような生活を営む方々は、概ねシンプルで、朗らかで、すこぶる健康体の方が多いな、とよく思います。「自然に感謝」これは、一番大切な健康の秘訣なのかもしれません。クリニックで推奨する「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」でも、このような考え方を基本に、お越しになる方々にさまざまなアドバイスをさせていただいています。ご興味のある方は、一度お越しになってみてください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする