病を乗り越えるための「自立」

重症の病気や、深刻な病気にかかられた方とかかわっていると、病気の予後(病気や手術の後、どの程度回復するか見通しを指す言葉)には個々のパーソナリティが、大きく影響しているのではないかと、思うことがあります。特に、悪性疾患などに関していえば、この差は見逃せないのではないでしょうか。では、どのようなことが、大きな影響因子になるのか、ということになります。因子はさまざまあると思いますが、中でも、「依存心が強いか弱いか」ということは、かなり大きいように感じます。

外科の病棟に勤務していた頃、「この人は、依存心が強いな・・・。」と感じた患者さんは、手術の後の回復なども、遅く、逆にしっかり自立した印象の方は、とんとん拍子に元気になってゆかれていたのを、思い出します。

それにしても、ばくぜんとそのように感じてはいましたが、果たして本当のところはどうなのでしょうか。そもそも、「依存する」とは、何なのでしょう・・・。広辞林には、「他にたよって存在すること」とあります。つまり、依存心とは、
「他の人をたよらないと生きていけない心」あるいは、「他の人をたよらないと安定しない心」、ということになるでしょうか。

他人に精神的に依存している人間は、「何々をしてもらう」とか「何かをされる」とか、「してやる」とかいうような形でしか自分を意識できない。「自分はこれこれのことがしたい」というかたちで、自分を意識できてはじめて依存心の心理を抜け出したといえるだろう。

加藤諦三 著 「安心感」 大和書房

「自分の意思で、何かを決める。」これは、とても大切なことだと思います。なぜならば、その「決めたこと」の責任は、自分自身が持つ、ということだからです。何かを決める時、なかなか決心がつかず誰かに相談をし、結果としてうまくいかなかったときに、その相談者のせいにしてしまう、というのは、依存心の強い方によくあることのように思われます。ことがうまくいかないのは、自分のせいではない、と思いたい気持ちは十分理解できますが、自分の行動に責任を取ることは、清々しく生きるためには、とても大切なことではないかと感じています。それが、自立への第一歩かもしれません。

世の患者さん達には、すべからく自立して頂きたいと、感じています。病を克服するためには、己(おのれ)のつよい意志の力が、不可欠です。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする