「虚仮(苔)の一念、岩をも通す」

一昨日、ぼーっとしながらテレビをつけたら、とあるバラエティテレビで ”丸大豆納豆とひきわり納豆” のどちらが栄養価が高いか、ということをやっていました。その番組的にはひきわり納豆の方が栄養価が高く長生きできる、ということだったのですが、そんなのを観ながら、あることを思っていました。「明日のスーパーの納豆売り場、どうなることやら・・・。」と。そして昨日、仕事帰りにスーパーに行って納豆売り場のコーナーを見てみたら、お約束どおり、ひきわり納豆は完売していて、ご丁寧に ”ひきわり納豆は品薄状態のため、入荷次第販売を再開いたします。” という張り紙がしてありました。こんな光景を見ると、思わず「平和だなぁ、日本っていいな。」などと、某テレビ番組のキャッチコピーのようなことを思ってしまいます。

健康で、長生きしたい。誰だってそのように思うと思います。そのための食材が手近にあるというのなら、試してみようと思うのが、 ”人としての本能” だろうとも。けれど残念なことに、今の世の中はそのような「健康で長生き」に関する情報があふれかえりすぎて、結果的に「何が一番いいのかよくわからない」状態になっているような気がするのです。(内心、「結局旬のものを旬のうちにバランスよく食べるのが、一番手っ取り早いんじゃないのか?」と、思っていたりもします(笑))

難病だった女性が、病気を克服する方法として特定の食品しか口にしない生活を続けた結果、健康な身体を取り戻したとか、自然治癒力を高める効果が高いと言われるジュースを飲むことでがんが消滅した、などという話をお聞きすると、「虚仮(苔)の一念、岩をも通す」ということばが思い浮かびます。何事も一途に頑張ればやがては成就・大成するという意味で使われますが、本当に健康を取り戻したい方の『本気さ』というのは、我々の想像のはるかに先をいくものなのだろうと、思わずにはいられません。

縁あって、クリニックでおこなう「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」をお知りになった重病や難病の方々の中にも、”なんとしてでも健康な身体を取り戻したい” というお気持ちを強く感じることがあります。そして、そのような真に『本気』の方々は、やがて健康を取り戻されてゆくのです。まさに、「虚仮(苔)の一念、岩をも通す」といえるでしょう。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする