熱中症対策、お早めに

長引いた雨が落ち着いたとたんに、一気に猛暑となりました。連日、天気予報で日中の気温が30℃を越えると言っています。身体がきちんとついていってくれるだろうかと、いささか不安になりつつも、”こんな時ハンドヒーリングを知っていてよかったな。” と、心の底から思います。

ところで、このような暑い日がやって来ると、一番に気になるのか「熱中症」です。特に現在、豪雨災害の被災地に向けての対策なども注目されていますが、雨の時期の涼しめの気温から、急激に高温多湿に移行しているので、要注意と言えるでしょう。ご存知のとおり、熱中症とは、今のような気候に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

自覚症状としては、ズキンズキンとする頭痛やめまい、吐き気、立ちくらみ、倦怠感などがあげられます。長時間暑いところにいて、このような症状が気になりはじめたら、まず涼しい場所に移動して、水分や塩分を補給されるようにお勧めします。また、同じような症状かあるうえに、全く汗をかかなくなったり、皮膚が乾燥したり、身体がとても熱く感じられたら、すぐに緊急の治療を行う必要のあるケースがありますので、最寄りの医療機関に連絡されてみてください。

気温の高い日は、よく汗をかきますが、この汗は水分と一緒に体内の「ミネラル(塩など)」も奪ってしまいますので、夏場は朝食からもしっかりと塩分を取るように心がけられると、熱中症予防につながるのではないでしょうか。(真夏に大量の汗をかく『鍛冶職人さん』などは、日頃の食事で、びっくりするくらい塩辛いおかずを召し上がるのだそうですね。)朝食で、「お味噌汁と梅干し・お漬物」は、個人的にお勧めです。和食って、ホントに日本の気候や日本人の生態を知り尽くした、理にかなった食事なのだろうなと思います。

とはいえ、「この暑さで食事を摂る気にもならない。」とおっしゃる方は、クリニックで「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」を体験されてはいかがでしょうか。”気温が高い” ことが原因と思われる食欲不振は、自律神経のバランスの乱れが影響していることもあります。そのような方は、ヒーリングでバランスの乱れを調整すると、食欲や体力の回復が期待できます。興味のある方は、一度クリニックにご連絡なさってみてください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする