「健康食品」いまむかし

日本初の乳酸菌飲料「カルピス」、知らない方はいらっしゃらないだろう、というほどの有名な商品ですね。「カルピス」の生みの親・三島海雲(かいうん)は、「カルピス」の本質は、“おいしいこと”、“滋養になること”、“安心感のあること”、“経済的であること”の4つだと言っています。1919(大正8)年7月7日の発売以降、「カルピス」は時代を経て、やがて“国民的飲料”ともいえる商品となったことは、誰もが認めるところでしょう。(一部「カルピス」ホームページより抜粋)

ところで、このカルピスなのですが、発売当初は嗜好品というよりも、栄養補助飲料という扱いだったそうなのです。当時の人々にとっては、「美味しくて体にいい」など、まるで魔法の飲み物に、感じられたかもしれません。初めてこの飲み物を口にした時、大正という時代の人々は、どのように感じ、どんな反応をされたのだろうと想像すると、何だか楽しくなってきませんか?「酸っぱい!!」「甘い!!」「なんだコレは!??」ちょっとした騒ぎになったに違いありませんよね(笑)。

また、開発者の海雲は、自身がモンゴルという辺境の地で出会った「酸乳」で自らがその効果を実感したことを機に、日本の人々に、自分と同じように元気になってもらいたいという思いを抱き、商品化してしまうとは、すごい人だなと、思わずにはいられません。

それにしても、このようなことを見聞きするたびに、人の「健康」に対する思いは、今も昔も変わらないのだろうな、と思ってしまいます。”すこやかに、毎日をただ過ごす”。単純なようで、実は結構むつかしく、けれど、尚更そこには、なにものにもかえがたい尊さが、潜んでいるように思えます。

太陽の丘クリニックも、一人でも多くの方が、心身共にすこやかな日々を送れるお手伝いができればと、思っています。原因不明の体調不良や虚弱体質の方は、いちどエネルギー療法(ハンドヒーリング)の体験をされてみられてはいかがですか?

ご予約は、随時受け付けております。お気軽にご連絡ください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする