そろそろ注意、花粉症

昨日に引き続き、今日もポカポカ陽気となっています。まるで本当に春が来たかのような日和に、来院された80代の患者さんが、「ほんとうに暖かくて気持ちが良いですね~。」とおっしゃり、しばらくすると待合の椅子でいびきをかいてお休みになっていらっしゃいました(笑)。たしかに、クリニックの中は現在、暖房を全く使用しなくても実に暖かいです。(そうは言っても一月だからと”毛布並みに暖かい”のが売りの、気合の入った極暖タイツを履いて出勤してしまったことを、心の底から後悔中です・・・。)

先々週、先週末と2週続けて”急な発熱”の患者さんが沢山受診され、その8割方が「インフルエンザ」でしたが、今日は熱の患者さんの受診はめっきり少なく、そろそろインフルエンザの流行も山を越えたのかな、という印象です。そろそろ、冬に多く見られる感染性疾患も、全体的に落ち着いてくるのでしょう。

ところで、そうなってくると、あの厄介な「花粉症」がやってきます。考えただけで気が重くなる、と思われる方も、多いのではないでしょうか。最近スーパーの飲料水のコーナーに、やたらヨーグルト類が増えたように感じるのも、そのせいではなかろうかと思ってしまいます。スギやヒノキの花粉によって引き起こされる鼻水やくしゃみなどのアレルギー症状は、今や国民の4人に1人が悩まされているといわれていますが、さらにその数は年々増加傾向にあるのだとか。笑えない数です。また、九州や西日本などの暖かい地方ではすでに1月末から飛散が始まる地域もありますので、今日などはひょっとしたら”なんだか鼻がムズムズする”とお感じの方もいらっしゃるかもしれません。

花粉症の原因は、いわずと知れた「アレルギー反応」です。身体に侵入した花粉を『危険な異物』と判断した身体が、何とかして花粉を体から排除しようとして”過剰に反応”することで様々な症状が引き起こされます。かゆみや鼻づまりなどが主な症状ですので、生死に影響はないものの、仕事や学習効率の低下など、日常生活には多大な影響を及ぼしてしまいます。毎年、春先は不快な気持ちで過ごされる方には、本当にお気の毒だなと思ってしまいます。

クリニックでは、このような花粉症でお悩みの方にも、ご希望の場合は「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」を行います。ヒーリングでは生体の細胞を活性化させたり、身体のバランスそのものを整える効果が期待されますので、結果として体質が改善されてゆきます。その結果、数回のヒーリングを行うことで、内服薬や吸入などにたよらなくても症状が緩和されてゆきます。興味のある方は、お気軽にご連絡なさってみてください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする