パソコンではなく、患者さんを見る診療を…

IMG_20160402_083659

今日、初めて太陽の丘クリニックを訪れたご年配の患者さん

向き合って診察をし、一つ一つの質問に答えていると「普段は、話を聞いてもらえません。皮膚以外のことを話すと『それは専門外だから関係ない』と言われました病院の先生は、患者の顔を見ないでパソコンばかり見ています。本当は、足の悪い患者さんもいるし、患者が部屋に入るときには、患者を見ないといけないですよね。とおっしゃいました。

患者さんの話を聞いて、最近手術をした知人の話を思い出しました。

「点滴がはずれてしまい、腕から出血をしているのに、看護師さんは、私を見るのではなく、まず汚れた床を拭いていた看護助手さんの方へかけより『私たちがするのでいいですよ』と声をかけました。」という言葉に、同じ医療者として身につまされる思いでした。

現代医学が置き忘れてきた、”思い””心”

けれど、人を癒すうえにおいては、それらは最も大切なものではないでしょうか。

私もかつて日々の業務に追われ、診察をこなしてしまっていました。

見るべき視点がずれてしまっていました。

医師が向き合わなければならないのは、患者さんです。

ずいぶん昔に病院を受診した際に、医師が手元にあるカルテだけを見て、

こちらを見ることもなく、わずか2、3分の診察で終わってしまい

なんだか寂しい気持ちになったことを鮮明に覚えています。

医者との信頼関係も病気治しにおいてはとても大切です。

患者さんは、何かわからないので不安ということもありますので、

きちんと診察をして納得のいく説明をすれば、

安心してその症状が気にならなくなることもあります。

すべての病気や症状は、身体や心からのメッセージ。

患者さんのお話の中に、病気治しの鍵があります。

太陽の丘クリニックでは、

患者さんときちんと向き合って、お話をする時間を大切にしています。

クリニックのガラス越しに見える満開の桜に心癒されます↓

IMG_20160402_084652

クリニック玄関からの景色。満開の桜と3本に伸びた飛行機雲に幸せな気持ちになりました↓IMG_20160402_181910

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする