分かっているようでわからない

先日ある書籍に、「世の中で一番見たいけれど、絶対に見ることのできないもの」が何であるのか、ということが載っていました。なんだと思われますか?

それは、「自分の顔」なのです。

そんな事あるわけないじゃん、毎日見てるし。 そういわれそうですが、それは、『鏡に映った自分の顔』を見ているだけで、肉眼で自分の顔を見ているわけではない、というのです。よほど鼻の高い方が、若干鼻の頭がみえたり、舌を必死で突き出して先をどうにか見えるのが、関の山、なのです。いわれてみれば、自分の顔は、写真や鏡じゃないと、確認できなかったなあ、と、新しい発見をしたような気分でした。そういえば、子供が小さかったころ、はじめて鏡を見せた時、そこに写っている「初めて見たもの」を前に、茫然としていたことを思い出しました。きっと、自分が映っているとは夢にも思わず、『・・・だれだ、コイツは???』と、頭の中は”ぷちパニック状態”だったことでしょう。

それにしても、かくも人の身体とは不思議なことだらけだな、と、改めて思います。他人の顔は、嫌というほどさんざん見ることが出来るのに、一番身近な自分の顔は、どんなに頑張っても見ることが出来ないのですから。(決死の覚悟で、幽体離脱でもすれば、別ですが💦)そう思うと、顔だけではなく、「自分のこと」って、本当は自分が一番わかっていないのかもしれません。

わからないから、自分に自身がなくて、わからないから、周囲の人に、自分がどのように思われているのかが気になって仕方がなくて、わからないから、色々なことが不安になる・・・。そんな方が、世の中には結構多いような気もしています。そのような方には、こんなことを伝えて差し上げたいな、と思います。

「貴方が思っているほど、周囲の人は貴方に興味を持ってはいないものなのですよ。」と。そう思うことが出来れば、今より少しは気楽に毎日を送れるようになるのではないかな、と、感じています。それでもまだ、わからない自分に不安を感じたら、いちどエネルギー療法(ハンドヒーリング)を体験されてみてはいかがでしょうか?自分を客観的に見つめる、よい機会になるかもしれません。お問い合わせやご相談は、随時受け付けています。電話かメールで、ご連絡ください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする