「院外処方箋」の取り扱い、ご存知ですか?

太陽の丘クリニックは、週末・祝日共に診察を行っていますので、平日は仕事でなかなか受診ができない、という方がたくさんいらっしゃいます。ところで、クリニックでは基本的な方針として”自然治癒力を高める診療”を心がけています。これは、なるべくお薬に頼らない診察を行っている、ということなのですが、症状や受診患者さんのご希望によっては必要最低限の薬の処方を行っています。ただし、ここで注意して頂きたいのが、おクリニックに薬局は併設されていませんので、各自で最寄りの院外処方線を受け付けている薬局に、持参して頂いています。

週末や祝日に診療を行うクリニックはそう多くはありません。ということは、院外処方の受付を行っている薬局というのも、限られてくるのです。クリニックでは、近辺で週末に営業している薬局を、可能な範囲でご案内していますが、遠方から受診された方や、時間外にお越しになられた方などには、ご期待に添えない場合もあります。何卒ご了承いただきたいと思います。可能であれば、事前に、ご自宅近隣で週末や夜間に、対応している院外処方薬局がどこにあるか、等を確認されることを、お勧めいたします。(また、薬の種類などによっては、薬局に在庫がない時は、取り寄せになることもあるようですので、ご注意ください。)

それでも、やはりもらいに行けなかった場合は、どのようにしたらいいのでしょうか?

処方箋というのは、原則、処方日を含め4日間の「有効期限」というものがあります有効期限内であれば、どちらの薬局にお持ちいただいても、薬を受け取ることが可能です。4日を過ぎると、処方箋は無効となってしまいますのでご注意ください。(正当な理由で、どうしても4日以内に薬局に取りに行けない、という場合は、受診の際に医師にその旨をご相談ください。)

「なぜ、4日以内なんだろう?」と、思われるかもしれませんが、基本的に、薬というのは医師が診察をおこなったその時点の症状によって、処方をしています。ということは、日数が経てば経つほど、診察を受けた時点から症状が変化している可能性があるのです。そうなってくると、症状と薬が合わなくなってしまうかもしれない、ということが起こるので、4日を過ぎたら、再受診をして、あらためて医師に症状を確認してもらって、薬をもらう、ということなのです。くれぐれも、『2週間前の処方箋を大切に保管して薬局に持っていく』などは、おやめくださいね(笑)。(ぜったい、もらえません。)

また、太陽の丘クリニックでは、なるべく薬に頼らずに、エネルギー療法(ハンドヒーリング)との併用によってご本人の自然治癒力を高め、減薬へのお手伝いもさせていただいています。”減薬したいけど、なかなか切り出せない””大量の薬をもらって、うんざり”などでお困りの方や、エネルギー療法に興味のある方は、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする