かるかん饅頭食べちゃった。

現在、午後の3時20分ですが、たった今残念なお知らせが入りました。本日午後4時過ぎに健康診断を予定していた方から連絡が入り、「さっき、うっかり3時のおやつをちょっとだけ食べてしまいました。」のだとか。食べたものや量によっては検査ができるのですが、よくよく聞いてみると、 ”かるかん饅頭”丸ごと一個だそうです。あらあら・・・。これは”ちょっと” という量ではありません。かるかん一個(約50g)で、カロリーは約100~160Kcal、糖質は約25~30gとなります。これは、「ご飯をお茶わんに半膳」食べたのと同じくらいの計算になりますので、今日の健康診断はひとまずキャンセルし、後日改めて行うことになりました。

ところで、健康診断では、多くの方が「食事を食べずにお越しください。」と言われたことがあると思いますが、その理由について「何となく、病院でそう言われたから」と思っておられる方も多いのではないでしょうか。実は健康診断の中には、「基本項目」というものがあります。その「基本項目」に含まれているのが、胸部レントゲンや視力・聴力検査などですが、血液検査も同様に含まれています。

この血液検査の中には、さらに細かく指定された項目があるのですが、そこに『血液中の糖分』(一般的には「血糖」と言われていますね。)を調べる項目があります。この「血糖」は、最近 ”糖質制限ダイエット” などでも注目されているように、食事をとることで、すぐにその値が変化をしてしまいます。このため、血糖検査は空腹時を前提にして数値を計測しているのです。食事や間食(おやつ)を食べて間がないと、これらの数値が標準値より高くなってしまい、「糖尿病」や「膵炎(すいえん)」を疑われてしまうのです。そして、さらに細かく調べるため、再検査をすることになってしまいます(あら大変)。

本日かるかんを食べちゃった方にも、そのことをお話したら、「そうだったのですか~。知らなかった。」と、おっしゃいました。検査を行うまえには、このような食事や水分に関する制限のあるものが多いのですが、それには何らかの「理由」があるものです。その「理由」がしっかりわかると、検査前にいろいろな制限をされても、嫌な思いはしなくなるかもしれませんね。

クリニックでおこなう「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」にしても、”なぜそれで心が癒されたり、病気が良くなったり、健康な心身へといざなうことができるのか” ということに関しては、ちゃんとした「理由」が存在します。詳しくお知りになりたい方は、お気軽に電話やメールでご連絡ください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする