「無口で我慢強い」ひと

⇧ 久々に登場、クリニック看板スタッフ「アイ子さん」

よるとさわると台風の話題ばっかりなのもいかがなものかと思いつつ、またもやこちらに向かっている台風25号。そのせいでしょう、天気が徐々に徐々に悪くなっています。雨こそ降ってはいませんが、まだ4時前だというのにかなり周囲も暗さを感じるほどになり、先ほどクリニック館内も照明をつけました。向かいに見える若杉山も、うっすらとかすんでいます。今夜から明日にかけてさらに天候には気をつけたいと思います。場合によっては、クリニックの看板スタッフ ”「アイ子さん」の退避も検討しなければいけないかなぁ?” と思っています。

言わずと知れたこの「アイ子さん」、無口で我慢強いことで有名です。どんなに過酷な環境だろうが弱音一つ吐かず、愚痴一つこぼさず、さらには表情さえも何一つ変えず、威風堂々としています。(いや、むしろ表情が変わったら、「逆に怖い」説もある・・・。)最近は、黒猫さんがこのあたりに棲みついていて、その黒猫さんのお気に入りスポットにもなっています。たまに天気の良い日は、アイ子さんの横でくつろぐ猫さんと遭遇できるかもしれません。但し、色が同化していますので、「アイ子さんが動いた~~~??」と、びっくりしないでくださいね(笑)

さて、「アイ子さん」の我慢強さは、彼女の個性や持ち味でもあり、頼もしい限りで特別問題はありませんが、我々は”無理をして”我慢していることが随分多いのではないだろうかと思います。”我慢しすぎ” がストレスや体調不良に繋がっていることを、人はうすうす知りながら、それでも我慢をしてしまう生き物なのかなと思ってしまう事があります。先日クリニックに来られた女性が、「体調がすぐれず、今日は本当に休みたいと思ったけど、その日のシフトを考えるとどうしても休めずに、本当にきつかった。」とおっしゃいました。その方は本当にいい人で優しいのですが、いわゆる ”やさしいけど弱い” という印象の方です。ですので、あえて「それでも休む、という強さも、時には必要なこともありますよ。」とお話させていただきました。

以前ある方が、「我慢するだけなら誰でも出来る。そうではなくて、その状況から抜け出すために声を上げ動くことができなければ、事態は何も変わらない。」とおっしゃったことがあります。最近つくづく、そのとおりだなと思うようになりました。

㊟「アイ子さん」には、声を上げることも動くことも期待はしていません。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする