復活祭

この最近コンビニなどで、タマゴをメインにしたスイーツやサンドイッチなどをやけに目にするような気がして、”何かタマゴに関係あるイベントってあったっけ?” とうっすら思っていたのですが、まさにビンゴ、今日はキリスト教圏ではクリスマスよりも重要とされる「イースター(復活祭)」なのだそうです。さすが、海外のものでも何でも、良さそうなものはしっかりと取り入れて独自の文化に進化させるのが得意だといわれる日本人、この「イースター」が、新たなムーブメントになる日も近いのかもしれません。もしくは、商魂がたくましい、という方が正しいでしょうか。かくいう自分自身も、その商法にうっかり乗せられて、某コンビニのひよこをかたどったスイーツに心惹かれ、早速買いに行ってみたりしました。(ただ、そのひよこの”かわいいのかどうなのか微妙”な仕上がりに、結局購入を断念しました。)

この「イースター」とは、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが3日目に復活したことを記念する、キリスト教において最も重要なお祭りなのだそうです。このため、キリスト教諸国にとっては宗教的にとても意味のある日で、イースターを祝って、学校が数週間にわたって休みになる国もあるようです。キリスト教徒ではありませんので、イースターに関してはほとんど知識がなく、「なぜ卵とイースターに繋がりがあるのかな?」などと思っていたのですが、実はぱっと見には ”動かない” 卵から ”新しい生命” が生まれ出ることを、『死と復活』に見立てられている、とのこと。それでようやく、理解ができました。

どのような状況にあれ、喪失による絶望感と、その後の復活、再生によってわき上がる歓喜躍動は、いつの時代も表裏一体、まさに闇と光の関係のようです。失ってはじめて知る「そのものの大切さ」そして、再び手に入れることでより深まる「愛おしさ」。人は、これらの経験を繰り返すことによって、人生の引き出しをより大きなものにし、人としての深みを増してゆくことができるものなのかもしれません。

太陽の丘クリニックでおこなう「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」は、主にこの復活や再生を司るエネルギーなのだろうな、と感じることが多々あります。その対象となるのは、クリニックにお越しになるさまざまな病に悩む方々なのですが、これらの方々がエネルギー療法を知ったことで、「人生に希望が見つかった」などとおっしゃるのをお聞きするたびに、 ”この方の復活は、これから始まるのだな” と、なんとも言えない心持ちになるのです。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする