お腹の不調が、増えています

お盆休みも明けて、太陽の丘クリニックは本日より通常の診療を行っています。気になる症状のある方は、お電話でのご相談もお受けいたしますので、お気軽にご連絡ください。

ところで、お盆の少し前くらいから、お腹の症状を訴えて受診される方が少しづつ増えています。「お腹が痛い」「ムカムカする」「下痢をする」などが主な症状のようです。このような症状は、比較的冬場に多いのですが、これから秋に向けても。実は油断できません。

夏場のおなかの不調の原因には、色々とあります。いわゆる、「感染性胃腸炎」のような、細菌が悪さをするものよりは、他の原因が疑わしいものが多いのが特徴です。有名なところでは、「暑いからと、冷たいものを摂りすぎる」というのがありますね。気温が高いと、どうしても冷たいものが美味しく感じられます。アイスクリームにかき氷、食べ物も、そうめんや冷やし中華など、冷たい物が目白押しです。けれど、あまりに冷たいものを摂りすぎると、お腹が冷えすぎて、消化器の働きが弱まってしまいます。その結果、お腹がゆるくなりがちなのです。また、夏バテなどで、食欲が落ちてしまうのも、要注意です。さっぱりしたものしかほしくないからと、冷たいお茶漬けときゅうりだけ、などどいう食事を続けると、全体的に栄養不足となり、体のだるさが強くなったり、更には吐き気などの症状を引き起こしてしまうこともあります。食べやすいような工夫をしながら、しっかりと栄養を摂取するように心がけることを、お勧めします。

また、発熱を伴う嘔吐や下痢の場合は、やはり最近に感染している可能性があります。特に、まだまだ食中毒は怖いですし、脱水症状も起こりやすい時期ですので、このような症状がある場合は、早めに受診をされて、医師にご相談ください。

これからしばらくは、気温の変動も激しくなってくる時期です。体力が落ちていることで、お腹の症状だけにはとどまらず、からだが悲鳴を上げる危険もありますので、ご注意ください。全体的に、体の中のバランスが乱れているように感じられる方は、当院でエネルギー療法(ハンドヒーリング)を受けてみられることも、検討されてはいかがでしょうか。(ヒーリングでは、生体の細胞や組織にエネルギーを与えることで、自然に乱れたバランスを整えることも可能です。多くの方が、数回の施術で、その効果や変化を実感されています。)

いずれにしても、まずは極端な食生活などを見直し、冷たすぎるものは、摂取を控えた方がよろしいでしょうね。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする