依存と自立

病院などで、たくさんの患者さんを見続けていると、患者さんはいろいろなグループに、分かれているように感じることがあります。それは、病気や、年代、性別、といったものではなく、病院というものに対する期待感や認識に、なるのでしょうか。一番わかりやすいのは、「病院好き」なグループと「病院嫌い」なグループとか、「検査好きと検査嫌い」などでしょう。これらは、ご本人の性格や、健康観とか人生観に、大きく影響されているような気がします。

軽い病気なら、特にそれがどうの、ということはありませんが、重症の病気や、深刻な病気になると、この、個々のパーソナリティが、大きく影響しているのではないかと、最近よく思います。特に、悪性疾患などに関していえば、この差は見逃せないのではないでしょうか。では、どのようなことが、大きな影響因子になるのか、ということになります。因子はさまざまあると思いますが、中でも、「依存心が強いか弱いか」ということは、かなり大きいように感じます。

外科の病棟に勤務していた頃、「この人は、依存心が強いな・・・。」と感じた患者さんは、手術の後の回復なども、遅く、逆にしっかり自立した印象の方は、とんとん拍子に元気になってゆかれていたのを、思い出します。

それにしても、ばくぜんとそのように感じてはいましたが、果たして本当のところはどうなのでしょうか。そもそも、「依存する」とは、何なのでしょう・・・。広辞林には、「他にたよって存在すること」とあります。つまり、依存心とは、
「他の人をたよらないと生きていけない心」あるいは、「他の人をたよらないと安定しない心」、ということになるでしょうか。

他人に精神的に依存している人間は、「何々をしてもらう」とか「何かをされる」とか、「してやる」とかいうような形でしか自分を意識できない。「自分はこれこれのことがしたい」というかたちで、自分を意識できてはじめて依存心の心理を抜け出したといえるだろう。

加藤諦三 著 「安心感」 大和書房

自分自身に投影してみても、なかなか耳の痛い話です。けれど、あえて言うならば、世の患者さん達には、すべからく自立して頂きたいと、感じています。エネルギー療法(ハンドヒーリング)を行ううえにおいても、同じことです。ヒーリングを「やってもらう」ことにのみ執着している方は、この治療法に依存してしまっています。そうなると、ある程度の治癒効果があがったにしても、そこで頭打ちになってしまいます。自分自身が、しっかりと「自分で病を克服する」という意識を持って、ぜひ「自立」していただきたいと、思います。

病を克服するためには、己(おのれ)のつよい意志の力が、不可欠です。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする