難治性の限局性皮膚そう痒症の完治!

痒み(かゆみ)は、あなたの身体や心からのメッセージ

皆さんの中には、しつこい痒みに悩まされていらっしゃる方もいるのではないでしょうか? 病院に行って、ステロイドや抗アレルギー薬を処方され、ステロイド剤を外用している間は一時的にかゆみが止まるけれど、中止すると暫くしてぶり返したり、西洋医学的な治療だけでは改善しないこともあるでしょう。

よく「原因は何ですか?」という質問を受けますが、原因を特定できることはごく稀です。 痛みやかゆみ、すべての症状は、身体や心からのメッセージであり             患者さんご自身が創り出したものなのです。                      問診を取ると、食生活が乱れていたり、睡眠時間が少なかったり…と生活習慣に改善すべき点がある患者さんがほとんどです。またストレスが強くかかると、痒みは起こりやすくなり、掻破することによって皮膚のバリア機能が低下し、痒みが出やすくなるという悪循環陥ってしまうこともあります。

また時には、かゆみの原因となる病気が隠れていることもあるので、必要に応じて検査をすることもあります。

太陽の丘クリニックでは、どんな検査や治療法があるの?

太陽の丘クリニックでは、問診・診察を十分におこない、病気の原因について探り、できるだけお薬だけに頼るのではなく、根本から改善させるアドバイスやお手伝いをしています。

血液検査レントゲン、必要があると判断した場合は、受診したその日にCT検査を行うことも可能です。また、『がん』のチェックなど全身を調べたい場合は、人間ドックも行っております。画像や血液検査にまだ現れない体の負担、いわゆる未病を検査するAMSATも自分の健康状態を把握するのにとても有効です。

太陽の丘クリニックでは、西洋医学的な治療のほか、漢方薬の処方やハンドヒーリング(エネルギー療法)の治療も診療に取り入れています。ヒーリングは、副作用が一切ありませんので、お子さんやご高齢の方にも気軽に試せる方法でしょう。

今日は、太陽の丘クリニックで難治性の痒みがよくなった症例をご紹介いたします。

皮膚そう痒症とは?

皮膚そう痒症とは、皮膚に症状がないのに、かゆみを生じる皮膚病です。全身がかゆくなる場合と陰部など限られた場所がかゆくなる場合があります。なぜかゆみが起こるのか、そのメカニズムは十分に分かっていません。「体の中からわいてくるようなかゆさ」とか「急にかゆみが襲ってくる」という患者さんもいらっしゃいます。

乾燥肌が関わっていたり、胆のう、肝臓系疾患、腎疾患、糖尿病などの内分泌・代謝疾患、血液疾患、悪性腫瘍、精神疾患、薬物や食物や、飲み薬が原因になっていることもあります。

皮膚そう痒症の一般的な治療について

皮膚そう痒症は、抗アレルギー薬などの治療にも抵抗することが多く、治療にてこずる病気です。西洋医学的には、保湿剤やステロイド外用、抗アレルギー薬や抗不安薬(抗うつ薬)や紫外線治療などがあります。日常生活における注意点は、入浴時に擦りすぎないように、熱いお湯への入浴を避けるようにアドバイスをしたりします。

難治性限局性皮膚そう痒症の改善!

ある患者さん。2、3年前から局所のかゆみを自覚するようになり、長い間、たまらないかゆみに悩まされていました。皮膚科を受診して、様々な抗アレルギー薬やステロイドの外用を試みましたが、改善せず、昨年の夏に3か月前にクリニックを受診されました。患者さんと相談し、漢方の内服とワセリンの外用、週1回のハンドヒーリングを行っていくことにしました。

初めて、ハンドヒーリングの施術をしたときに、脳(眉間部分)を両手で挟むと、手のひらがかゆくなるほどのジガジガとした刺激感があり、「脳がかゆみを覚えている…」と感じました。診察の度にそれまであった激しいかゆみが改善していき、ご本人も喜んでいらっしゃいました。ところが、7回目の診察からかゆみが3割ほど残ったまま、なかなか改善しなくなり、足踏みをしてしまいました。

その患者さんの痒みが起こったもともとの原因は、本来自分が望んでいる生活と現実のギャップにあるようでした。しかし、その生活スタイル変えるのは難しい現状でした。そこで、効果があると言われる漢方は全て試し、やむを得ずステロイド外用剤を使ってみることにしました。

粘膜は、皮膚に比べるとずっとステロイドの吸収もよく、漫然と塗っていると手放せなくなることもあり躊躇していたのですが、漢方やヒーリングで体質改善もはかりながら、ステロイドの塗布を併用していきました。するとかゆみが順調に消えていき、今では週1,2回のステロイド外用で痒みなく過ごせるようになりました。

患者さんは、とても喜んで下さり、「痒みなく過ごせた日は、『一日痒みがなかった』と喜びを感じます。これまで苦しんでいたのはなんだったんでしょうか。もっと早く来ればよかったです。」とおっしゃってくださいました。

本気の思いが病気を治す!

病気を創り出したのは、患者さんご自身であり、病気を治すのは患者さんご自身にしかできません。何の努力をせずに、「治してほしい」という依存心だけでは、病気はなかなかによくなっていきません。

患者さんは、遠くから時間をかけて、諦めることなく、毎週受診をされました。なかなかにできることではありません。今回の結果は、「何とか治りたい!」という患者さんの本気と「何とか治したい!」という医師側の本気が届いたのだと思っています。おかげで2、3年悩まされ続けた痒みを半年経たずに完治させることができました。西洋医学や漢方単独の治療では、ここまでの効果を出すのは、難しかったのではないでしょうか。

しつこい痒みでお悩みの方がいらっしゃれば、ご相談ください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                  

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院は予約制となっておりますので、事前にご予約のうえおこしください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする