大腸CTC検査ご案内

大腸CTC検査とは!? 

太陽の丘クリニックでは、大腸CTC検査(CTコロノグラフィー)を行っています。     大腸CTC検査とは、CT装置を使って大腸の内部を観察する検査法で、バーチャル(仮想)大腸内視鏡検査とも呼ばれます。炭酸ガスを注入して拡張した大腸をCTで撮影し、写真のように(上図)3次元画像として描出することで、大腸カメラで検査したような画像が得られます。

大腸カメラに比べ、痛みが少なく、CT検査時間も約15分間で終了します。

患者さんに優しい検査です

大腸CTCは、大腸内視鏡や注腸X線検査に比べて検査手技が簡便で、被験者への負担が少ないという特徴があります。大腸内視鏡検査のように、多量の下剤を飲む必要はありません。欧米では早くから、ポリープを対象とした大腸がんスクリーニングにCTCを用いる試みがあり、研究も進んでいます。

検査までの流れ

①検査前に一度来院していてだき、検査のご説明に加え、検査食と下剤をお渡しします。

②検査前日から検査食を食べ、下剤を服用します。

③検査当日は、絶食で来院していただきます。なお、水分摂取は可能です。

検査中について

①検査時間は、約15分程度です。検査中、大腸を拡張するために炭酸ガスを使用しますが、炭酸ガスは検査後体内に吸収もしくは体外に排出されるため膨満感はさほど感じません。

②撮影は、仰向けとうつ伏せの2回撮影をします。これは、下剤で排出しきれなかった腸管内の残液を移動させることによって、見えないところを少なくするためです。

保険の適応について

保険が適応となる場合は、『他の検査で大腸悪性腫瘍が疑われる患者に対して、大腸CT撮影を行った場合』となっており、他の検査の結果が必要です。                   腹痛など症状のみの場合は、保険の適応とならず、自費での検査となります。

詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院は予約制となっておりますので、事前にご予約のうえおこしください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする