冬のじんましん

気持ちのいい週明け、と言いたいところですが、またもや寒波に襲われ寒い一日となりました。ふと目の前をみれば先ほどから急に強い風に吹かれはじめました、雪まじりの雨まで降りはじめ、いつもはクリニック周辺の空を”我が物顔”で飛んでいるカラス達も、右往左往しているようです。明日はもっと寒くなるとのこと、「何故クリニックの休診日を狙ったように・・・。」と、思わないこともありませんが、寒いならば寒いなりに楽しめることを見つけたいと思っています。

ここのところ、アレルギーや蕁麻疹の症状が急に悪化した、という方の受診が若干増えているような印象をうけています。このような場合は、「寒暖差アレルギー」もしくは、「寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)」と呼ばれるような症状を引き起こしている可能性があります。寒冷蕁麻疹とは、寒い場所に長時間いたりして体が冷えた時などに発症する蕁麻疹のことです。冷たい水や風にさらされた後などに、赤みやかゆみが出現するもののようです。温かい室内から寒い外へ出た際に、急激な温度差で体がかゆくなったりする場合なども、要注意かもしれません。

一般的に、成人女性に多くみられるといわれていますが、確かに11月末くらいから、若い女性でこのような症状を訴えてお越しになる方が多いように思われます。この寒冷蕁麻疹は花粉症や食物アレルギーのように、特定の原因物質はなく、寒暖差が原因で自律神経が不調を起こすことが原因ですので、症状を落ち着けるためには、まずは寒さ対策、ということになるのでしょう。さらには、自律神経の乱れを起こさないために、心身の不調を改善することも大切かもしれません。クリニックでは、このような症状で受診された方で、ご希望の場合には「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」をおこなっています。自律神経の緊張や、全身のバランスを整えることで「短時間で症状が緩和された」「顔のむくみがすっきりした」「赤みがスーッとひいた」、などという感想をお聞きすると、こちらも嬉しくなってきます。このようなヒーリングの施療や自然治癒力を高める医療などに興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする