今日も「お寒うございます。」

昨日から、雪の話題がニュースや紙面を賑わわせていますが、皆様の近隣はいかがでしょうか。クリニック周囲は、昨日はぎょっとするような雪に見舞われましたが(雪国の方から思えば”口ごたえ”程度なのでしょうが・・・)今朝ははらはらと、小雪が舞う程度でした。とはいえ、寒さは昨日よりこたえます。用事があって外に出るのに、かなりの「心の準備」が必要な様相です。

寒くなると、『わけもなく胸がざわついたり不安や焦燥感を感じたりする』、というお話を伺うことがあります。冬は、日照時間の短さなどから抑うつ状態になりやすいといわれていることは比較的有名です。不安や何だか落ち着かない気分も、そのせいなのかもしれません。季節や天候で気分がすぐれない時は、往々にして「自律神経の乱れ」がその根底にあることがあります。

自律神経がバランスを崩すと、常に疲れを感じていたり、何となくイライラしてしまいます。身体を動かすのもめんどくさくなり室内に引きこもりがちになってしまったり、挙句の果てには便秘などを起こす場合もあると言われます。冬に、このような自律神経のバランスを崩す理由としては、「寒い」ことそのものが原因の場合があります。「寒い」というだけで体が常にストレスにさらされている状態なのです。そこに通常の仕事や人間関係のストレスや、先ほども述べました日照時間が減ることで太陽光を浴びる機会が減り。結果としてこころを前向きにしてくれるセロトニンが減少したり・・・。

「そんなこと言ったら、春の来るのをひたすら待つしかないじゃないか(怒)」そうお感じになる方も、」いらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

ある研究で、幸せな思い出に浸っている時は室温を高く感じるとの結果が出ているそうです。ということは、心の中が幸せな気持ちで満たされていると、体感温度が緩和されるので、「寒い」というストレスも軽減される、ということになります。太陽の丘クリニックで行う「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」は、自律神経のバランスをととのえ、心の安定をはかることにすぐれています。ヒーリングを受けた方は、よく「身体がぽかぽかと温かくなってきました。」とおっしゃいます。そして、この「ポカポカする」効果なのか、精神的にも「ゆったりした心もちになります。」とも続けられる方が、多いのです。このようにして、心身共にゆったりとした状態が続けば、自然に「寒さ」のストレスも軽減されるのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする